このブログの記事に関心を持ってくださるあなたは、次のような悩みや願いをお持ちかと思います。

  • 子供の手が離れたので、もう一度、社会で活躍したい
  • 出産を機に専業主婦になったけれど、主婦のまま終わりたくない
  • パートや会社勤めではなく、自分のビジネスを持ちたい
  • 主人の定年が数年後にせまり、老後の家計が心配だ
  • もっと自分らしい働き方・生き方にチャレンジしたい

このような悩みや願いを叶えようと、最初の一歩を踏み出したあなたの勇気はとても素晴らしいものです!

しかし、自分でビジネスをしたことがない方や、経験の浅い方が、何の予備知識もないまま、一歩を踏み出すのは危険です!

このページでは、特にビジネス未経験、またはビジネスの経験が浅い50代主婦が、安心して起業するために、起業する前に知っておきたい3つのリスクをお伝えしています。

起業への一歩を踏み出す前に知っておきたい3つのリスク

起業ネタ探しや資格取得からスタートした起業が失敗するリスク

起業ネタや資格よりも大切なこととは

空前の起業ブームの中、東京などの大都市では、毎週末のように。否。毎日のように、起業ネタ探しのワークショップや、資格取得セミナーが開催されています。

そして、起業を目指す方で、どのセミナー会場も満員です。

勉強熱心なあなたも、一度ならずこうしたワークショップなどに参加。あるいは、難しい資格取得にチャレンジした経験があるのではないでしょうか。

さて、いきなり厳しいことを言うようですが、こうした起業ネタ探しワークショップや、資格取得によって、起業の第一歩を踏み出した方の多くは、起業に失敗します。

どうしてか、あなたはわかりますか?

起業に失敗するということは商品やサービスが売れないということです。そして、商品やサービスが売れない最大の理由は、お客さんが集まらないことにあります。

いわゆる「集客」に失敗してしまうわけです。

国家資格ですら成功するとは限らない理由

商品やサービスがどれだけ優れていても「集客」に失敗すれば、ビジネスは失敗します。

逆に、商品やサービスが平均点のレベルでも「集客」が優れていると、そのビジネスは成功します。

商品やサービスが優れていれば、自然とお客さんは集まってくるはずだ。そのような考え方も間違いではありません。

しかし、お客さんが集まってくるまでには時間がかかります。そして、お客さんが集まる前にビジネスが継続できなくなってしまうのです。

起業ネタ探しや資格取得の目的は、商品やサービスの充実です。そこには「集客」という考え方はありません。

私は、様々な業種の方から「集客」の相談を受けますが、中には公認会計士など有資格者から相談を受けることも少なくありません。

公認会計士といえば、数ある資格の中でも最高峰に位置づけられるものです。

しかし、そのような資格を持っている方ですら「集客」をおろそかにすると、ビジネスが行き詰ってしまうという厳しい現実を、しっかりと理解してください。

私がこのブログでオススメしているアドセンスブログは、実践の中でインターネット集客にの基本を学ぶことができます。個人起業家がビジネスを成功させるには、インターネット集客のスキルが必要不可欠です。その点で、アドセンスブログから起業の第一歩を踏み出せば、あなたが心からやりたいビジネスも、インターネット集客によってスムーズに軌道に乗せることができますよ。

起業してから気づくのは遅すぎる!お金に関する大きなリスク

補助金や助成金と抱き合わせの起業セミナーの落とし穴

日本各地の都道府県庁や市区町村役所の中には、女性起業を積極的に支援する地方自治体が少なくありません。

あなたも市役所のロビーなどで、起業を目指す女性のためのセミナーや講座のチラシを見たことがあるのではないでしょうか。

こうした地方自治体の女性起業支援のセミナーは、各種補助金や助成金と抱き合わせになっています。

起業のノウハウと一緒に起業資金までサポートしてくれるわけです。

至れり尽くせりのサポートに見えますが、地方自治体の女性起業支援セミナーで教えてくれる起業方法には、重大なリスクが存在します。

地方自治体の女性起業支援セミナーで教えてくれる起業方法は、数十万円から数百万円のまとまった資金が必要です。

そして、補助金や助成金を使ったとしても、資金の一部は自分で負担する必要があります。

この、起業資金の自己負担。これが重大なリスクです。とくにビジネス経験の少ない方にとっては、重大なリスクです。

集客がうまくゆかず、商品が売れなければ、自分で負担した資金は取り戻せずに終わってしまうわけですから。

今どきの起業に資金はいくらくらい必要なのか?

ビジネス経験の少ない方。これまで専業主婦として過ごしてきて、ビジネスの現場から遠ざかっていた方。

そのような方は、資金を必要としないか、または、お小遣い程度の資金ではじめられるビジネスで起業することを、つよくオススメします。

これを言ってしまったら身もフタもありませんが、起業をして、すべてがはじめからうまくゆくとは限りません。

なので、起業でつまづいた時のダメージはできるだけ小さくできるようにしたいものです。

起業といえばお金のかかるもの。そのような思い込みを持っている方が少なくありません。しかし、今は0円でも起業できる時代なのです。

私が行っているブログメディアビジネスとは、ブログという手段を使って雑誌を出版するようなビジネスです。そして雑誌ビジネスが広告収入で成り立っているように、ブログメディアビジネスも広告が収入源です。私のブログメディアビジネスは5年以上、月に100万円以上の売上を上げています。この私のブログメディアビジネス。創業にどれくらいのお金がかかったと思いますか?なんと1万円弱です。

ほとんどの起業塾が教えてくれない50代ならではの起業リスク

50代の私だから知っている、50代ならではの起業リスク

ほとんどの起業塾が教えてくれない50代ならではの起業リスクとは何か?その答えを結論から書きますね。

50代ならではの起業リスクとは、ズバリ、これです。

健康リスク

多くの起業塾やビジネスセミナーの講師は、30代から40代前半です。中には20代の方もいます。そうなんです。皆さん、お若いのです。

だから、50代の起業家がかかえているリスクなど知る由もありません。50代の人の多くが、若い人ほどハードに働けないことを。

そして、働きすぎると、一歩間違えたら病気で倒れてしまいかねないことを。

私自身、これまで若い師匠の下についてビジネスを勉強してきました。そして、若い師匠のペースで仕事をして、数え切れないほど過労で倒れました。

私は、若い頃は強靭な体力の持ち主でした。しかし、50を過ぎてから急速に体力が衰えました。その一方で、起業家の仕事は、会社員のそれよりもハードです。消耗の激しさは筆舌に尽くし難いものがあります。

若い講師の起業塾では、50代以上の方の健康リスクが織り込まれていないため、若い方のペースで仕事をすると、とんでもないことになりますよ。

50代ならではの起業リスクは、もう一つのリスクを生み出す

50代ならではの健康リスク。体力の衰えと、病気発病のリスクは、さらなるリスクを生み出します。

過労で倒れたら。または病気で入院し、働けなくなってしまっても、起業家には何の保障もありません。

私は、起業家として働き過ぎて健康を損ね、高額医療のお世話になっています。しかし、起業家に労災は適用されません。

また、起業家には有給休暇もありません。会社員は休んでも、決まった収入をもらうことができます。

しかし、起業家は、休んだ分だけ収入が減ってしまうのです。

最悪の場合、起業家が倒れたら、その瞬間に収入がなくなってしまいます。体が動けなくなったとき。それは起業家として終わるときです。

50代からの起業は、そのような健康リスク=収入喪失リスクと背中合わせなのです。

50代からの健康リスクをなくす方法として、私が教えているアドセンスブログは最適です。アドセンスブログは、一度、構築してしまえば、放置していても自動販売機のように収入が入ってきます。実際、私が本業の片手間に半年だけ記事を投稿し、その後、1年以上、ほったらかしにしているブログから、毎月10万円の収入が自動的に入ってきています。アドセンスブログは、50代の主婦起業にとって最適なビジネスと言えましょう。

50代主婦が低リスクで安心して起業するために知っておきたい3つのこと


ビジネス未経験、またはビジネスの経験が浅い50代主婦が低リスクで安心して起業するために知っておきたい3つのこと。

最後にもう一度、まとめておきます。

  1. 起業ネタのワークや資格取得にどれほど熱心に取り組んでも、どれほど商品が優れていても、集客をおろそかにしていては起業は成功しない。
  2. ビジネス未経験、またはビジネスの経験が浅い方は、起業資金ゼロのビジネスからはじめて、収入を得ながらビジネスの基本を学ぶことがオススメ。
  3. 50代からの起業につきまとう健康リスクと向き合い、万が一、健康を損ねても、収入を途絶えさせない工夫をしておくことが必要。

これら、50代からの主婦起業につきまとうリスクを小さくしてくれるのが、ブログメディアビジネスです。

たかがブログで、本当に稼ぐことができるのか?と、半信半疑の方もおられるかもしれません。そんな方は、ぜひ以下のリンク先の記事をご覧になってください。

ブログメディアビジネスで安心安全を手に入れたい方。私が発行しているメルマガがオススメです。