ワークスタイル

50代主婦が自宅で安全に起業!3密回避オンラインビジネスをご紹介

この記事では、安全に起業したい50代主婦に向けて次のことをお伝えしています。

  • 自宅で安全に起業するための5つのポイント
  • 自宅で安全に起業できる3密回避のビジネス5選
  • 起業で失敗しないために知っておきたい5つのこと

50代主婦には50代主婦に最適な起業スタイルがあります。

40代とも60代とも全く異なる50代ならではの起業スタイルをこの記事で学んでください。

50代主婦が自宅で安全に起業するための5つのポイント

50代主婦が自宅で安全に起業するためにも、次の5つのポイントを起業する前に知っておいてください。

【1】自宅を開放せずに自宅で起業できる
【2】健康と体力へのリスクが小さいこと
【3】設備や在庫などへの初期投資が必要ない
【4】インターネットで集客しやすいこと
【5】自分らしさを失わないビジネスを選ぶ

これら5つのポイントを一つ一つ詳しく解説しますね。

【1】自宅を開放せずに自宅で起業できる

ウィズコロナ、アフターコロナの時代、新型コロナウイルス感染による重症化リスクが高い50代は3密にならない環境での起業を考えねばなりません。

3密にならない環境でもっとも安心安全なのは自宅です。

起業は自宅でできること。

さらに、自宅を開放してお客さんを集めなくてもできること。

この2つの条件を満たすビジネスであることが、50代主婦の起業に求められます。

自宅の一室を開放するビジネスはNG

ビフォーコロナでは、主婦に人気の起業スタイルといえば、自宅の一室で開業するエステ、アロマなどのサロンでした。

また、主婦起業に定番のパン、お菓子、ブリザードフラワーなどの各種教室。

昔ながらの、華道、茶道、ピアノなどの習い事系も主婦起業の定番でした。

しかし、ウィズコロナ、アフターコロナの時代では、主婦に人気の自宅の一室に人を集めて行うこれらビジネスは避けて通りましょう。

【2】健康と体力へのリスクが小さいこと

50代以上の起業家と40代以下の起業家の決定的な違いが一つあることをあなたはご存じですか?

決定的な違い、それは体力です。

50代の起業家は40代起業家と同じことができるほどの体力はありません。

20代や30代の起業家と同じことをしたら、体力を消耗しきってしまい健康を損ないかねません。

50代主婦が安心安全に起業するには、それほど体力を必要とせず健康を維持しながら行えるビジネスを選ぶことが必要です。

肉体労働系のビジネスはNG

家事の経験を生かした家事代行業なども、ビフォーコロナでは主婦起業に人気のビジネスでした。

実際、私が初めてビジネスを教えた主婦も家事代行業で起業し、今は株式会社として展開するまでに成長しています。

しかし、彼女が家事代行業を始めたのは40代のときです。

家事代行業はものすごくハードな肉体労働なので、もし彼女が50代で家事代行業をスタートしていたならば、早々に過労で倒れてしまったと思います。

【3】設備や在庫などへの初期投資が必要ない

昨今、行政などが女性起業を支援するために、女性起業に特化した助成金や融資制度などが揃っています。

しかし、安易にこれらを使うのはやめるのが無難です。

ビジネス経験のない50代主婦が初めて起業する場合、数百万円単位の初期投資が必要なビジネスは避けて通りましょう。

大金を失うリスクや借金返済に追われるリスク。

これらお金のリスクによるストレスで、ビジネスそのものが苦痛になる上に、心身の健康へも悪影響を及ぼすからです。

カフェなどの飲食系ビジネスはNG

高級食パンブームの中、自宅で食パンを焼いて販売する主婦向けビジネスの話を聞いたことがありますが、初期投資は約300万円でした。

食パンは利益率が低いので初期投資の300万円を回収するのに最低でも5年。

6年目からようやく稼ぐことができるようなビジネス、あなたはやりたいですか?

また、料理の経験を生かして自宅でカフェ開業。

主婦あるあるのビジネスですが、料理がどれほど上手であったとしても、開業する場所が駅前商店街のような人通りの多いところでなければお客さんは集まりません。

【4】インターネットで集客しやすいこと

良い商品を作っただけでは売れるわけではありません。

理由は簡単です。

お客さんがいなければ誰からも買ってもらえないからです。

良い商品さえつくれば自動的にお客さんができるわけではありません。

起業するにあたって商品づくりと合わせてお客さんづくりも行う必要があります。

お客さんづくりとは具体的に集客するための仕組みをつくるということです。

特に50代主婦が安全に集客するためにも、インターネットで集客しやすい業態のビジネスを選ぶようにしましょう。

インターネット集客が難しいNGビジネス

意外かもしれませんが主婦起業に人気のネットショップの集客はとても困難です。

ネットショップさえ開けばアクセスが自動的に集まり売上が立つわけではありません。

また、同じく主婦起業に人気のカフェなどの飲食系は、飲食店経営のプロですらも集客に苦労するジャンルです。

プロですら難しいと感じるジャンルに起業初心者の主婦が参入するのはリスキーです。

【5】自分らしさを失わないビジネスを選ぶ

50代主婦のあなたが起業を目指す動機は何ですか?

お金の心配をなくしたい、という経済的な動機も大きいかもしれません。

しかし、それだけでなく

・自分らしく活躍できる仕事をしたい
・誰かに役に立っている実感がほしい
・主婦のまま人生を終わらせたくない

などの自己実現への欲求が起業の動機になっていませんか?

ビジネスを選ぶ際には、起業の真の動機を満たすことができるかどうかを真剣に考え抜いてください。

いくら稼げるかばかりが際立つビジネスはNG

起業をするための情報を集めていて、次のようなキャッチコピーで訴求している商品やサービスを見たことはありませんか?

・初心者がわずか3ヶ月で月収100万円
・30人の受講生が月収100万円を達成!

これらの数字はウソではありませんが、ウラがあります。

稼げるのは本当なのですが、稼ぐための方法が違法スレスレの場合が少なくありません。

実際、上のようなキャッチコピーにあおられ違法な手段で稼ごうとして、名誉毀損で訴えられ慰謝料200万円を請求され、私に助けを求めてきた50代女性が実際にいました。

50代主婦が自宅で安全に起業できる3密回避のオンラインビジネス5選

50代主婦が自宅で安全に起業できる3密回避のオンラインビジネスを5つご紹介します。

【1】ブログメディアビジネス
【2】副業ブログを教えるオンラインサロン
【3】個人起業家向けのホームページ制作
【4】オンラインによるコーチング
【5】オンラインによる占いビジネス

これら5つのビジネスモデルを一つ一つ詳しく解説しますね。

【1】ブログメディアビジネス

あなただけのメディアをブログによって展開するのがブログメディアビジネスです。

主な収益源はブログに貼った広告から入ってくる広告収入です。

必要な初期費用

ブログを設置するレンタルサーバーと、ブログの住所に当たる独自ドメイン。

最低限、これらにかかる費用、年間約2万円が必要です。

必要なスキル

パソコンの基本的な操作ができること。

文章を書くことが苦にならないこと。

これらを満たせば、特殊なスキルは必要ではありません。

収入の目安

月に3万円くらいから、努力次第で月に100万円以上を稼ぐこともできます。

また、収入のほぼすべてが利益となり原価がないところが最大の魅力です。

50代主婦起業におすすめのポイント

パソコン1台あれば自宅のリビングで開始できるので、50代主婦起業に最適なビジネスモデルと言えます。

【2】副業ブログを教えるオンラインサロン

上に述べたブログメディアビジネスを副業として始めたいと考えている主婦が急増しています。

ブログメディアビジネスで経験を積み、その経験を初心者に教えることで、収益を安定化させることができます。

必要な初期費用

すでにブログメディアビジネスを始めている方であれば追加費用は年間で2〜3千円ほどで済んでしまいます。

必要なスキル

ブログメディアビジネスで実績を出している必要があります。

また人に何かを教えるスキルも求められます。

収入の目安

月に数万円くらいから、努力次第で月に数万円以上を稼ぐこともできます。

また、原価がない点はブログメディアビジネスと一緒です

50代主婦起業におすすめのポイント

人の成長を見守るビジネスなので、人に関わることが好きな方や、誰かに頼られることにやりがいを感じられる方におすすめです。

【3】個人起業家向けのホームページ制作

ワードプレスによって、個人起業家や小さな会社のホームページ制作を請け負うビジネスです。

ブログメディアビジネスを経験することで、ホームページに付加価値を加えることができるようになります。

必要な初期費用

集客するためのあなたのホームページを設置するレンタルサーバーと、ホームページの住所に当たる独自ドメイン。

最低限、これらにかかる費用、年間約2万円が必要です。

必要なスキル

ワードプレスを使って美しいデザインを具体化できるスキル。

インターネットで集客するスキルが求められます。

収入の目安

ワードプレスによる簡易ホームページ制作費用の相場は5〜10万円。

1ヶ月間に何件受注できるかで収入が決まります。

50代主婦起業におすすめのポイント

埋もれた価値ある商品をあなたの制作したホームページで世に出す仕事です。

社会の中で活躍できる場所を創りたい方や、ビジネスを通して社会貢献したい方に最適なビジネスです。

【4】オンラインによるコーチング

コーチングをzoomなどのオンラインツールによって行うビジネスです。

従来の対面コーチングとは異なり、日本中(世界中)の悩める人を助けることができます。

必要な初期費用

集客するためのあなたのホームページの維持費用が年間約2万円必要です。

コーチングを一から勉強する場合、そのための受講費用もかかってきます。

必要なスキル

コーチングのスキルが必要なのは言うまでもないですが、特定の悩みに特化したコーチングでナンバーワンとなることで、売れるコーチになることができます。

収入の目安

3ヶ月セッションの相場が20〜30万円。

1ヶ月間に何人のコーチングを受注できるかで収入が決まります。

50代主婦起業におすすめのポイント

豊富な人生経験によって、人の悩みに寄り添う共感能力が磨かれている50代主婦の方におすすめのビジネスモデルの一つです。

【5】オンラインによる占いビジネス

人の悩みを解決するビジネスで、コーチングよりもニーズが多く、しかもコーチングよりライバルが少ないのが占いビジネスです。

私の門下生の一人は占いビジネスで3千万円の年収を稼いでいます。

必要な初期費用

集客するためのあなたのホームページの維持費用が年間約2万円必要です。

占いはオンラインで行うため、自宅サロンの開設などは必要ありません。

必要なスキル

何らかの占いメソッドを持っていること。

そして相手の気持ちに寄り添う共感能力も求められます。

収入の目安

3ヶ月セッションを20〜30万円で販売すれば年収1千万円は夢ではありません。

50代主婦起業におすすめのポイント

コーチング以上に、豊富な人生経験を生かすことができるので、50代主婦起業に最適です。

50代主婦が起業で失敗しないために知っておきたい5つのこと

50代主婦が起業で失敗しないために、次の5つのポイントを起業する前に知っておいてください。

【1】自分の強みや経験を生かす起業の落とし穴
【2】資格を取得してもビジネスが成功しない理由
【3】初期投資は出来るだけ抑え小さく始める
【4】必要なことはお金を惜しまずに使う
【5】キラキラ女子起業の痛すぎるリアル

これら5つのポイントを一つ一つ詳しく解説しますね。

【1】自分の強みや経験を生かす起業の落とし穴

起業するには自分の強みを生かそう!

よく言われるこの考え方は間違ってはいませんが、落とし穴があるんです。

学生時代の通信簿にたとえると落とし穴がよくわかります。

5段階評価の通信簿で3ばかりが並んでいる中で英語だけが4だとしたら、その人にとって英語は強みです。

でも残念ながら、学年全体で見たら4の成績など平均よりは少しだけマシというレベルです。

自分視点では強みでも学年全体では平均と同レベルなのと一緒で、ビジネスも自分視点ではなく市場全体の視点から強みかどうかを考えねばなりません。

自分の強みの落とし穴の解決策

5段階評価の通信簿で3が並んでいる中で英語だけが4の人でも強みを見つけることは不可能ではありません。

もし仮にその人が、英単語だけは誰にも負けないレベルだったら。

あるいは国語は3だけど漢字検定1級を持っているような漢字のエキスパートだったら。

これらが強みになります。

細かく分けて誰にも負けないことを見つけることができたら、それが真の強みです。

【2】資格を取得してもビジネスが成功しない理由

社労士や中小企業診断士のような資格を取得しても、それによってビジネスが自動的に成功するわけではありません。

同じ資格を持つ人は世の中にはたくさんいます。

あなたが暮らす街にも同じ資格を持ってすでに開業している人はたくさんいるはずです。

見込み客から見て社労士資格を持った人はみな同じにしか見えません。

同じ社労士に仕事を頼むのなら、安くしてくれる社労士を選ぼうと誰もが考えるのではないでしょうか。

結果として、資格に依存した起業をすると安く買い叩かれることになってしまいます。

安く買い叩かれないための解決策

安く買い叩かれる事態は、「強み」の欄で述べたのと同じ考え方で解決できます。

あなたが起業する街の中で、

女性経営者の悩みを最も深く理解する中小企業診断士
二代目経営者の課題解決力でナンバーワンの中小企業診断士
ある特定の業種のことを誰よりも知り抜いている中小企業診断士

などなど。

自分がナンバーワンになれるポイントを見つければ、あなたが取得した資格を最大限に生かしたビジネスの展開が可能となります。

【3】初期投資は出来るだけ抑え小さく始める

20年ほど前までは起業といえば数百万円単位の資金が必要でした。

行政などは頭が古いため、行政が主催する起業セミナーなどでは20年前の考え方がベースになっている資金を必要とする起業がいまだに教えられています。

今はパソコン1台あれば起業することが可能です。

起業が初めての主婦は、数百万円もの開業資金を必要としない小さく始められるビジネスを選択しましょう。

キレイなホームページすら必要ない

店舗の開業に比べたらホームページ制作費用は安くあがります。

しかし起業したばかりでは数十万円以上もかけてキレイなホームページをつくる必要はありません。

そんなところにお金をかけるくらいならば信頼できるコンサルタントに、起業のサポートをしてもらいましょう。

それがビジネスのスタートアップを加速させる秘訣です。

【4】必要なことはお金を惜しまずに使う

起業したばかりのタイミングは、入ってくるお金よりも出てゆくお金の方が多くなりがちです。

売上につながるわけではないムダな出費は抑える必要があります。

しかし売上につながる必要な出費まで惜しんでいてはビジネスを始めることはできません。

起業したばかりのタイミングでキレイなホームページは必要ないとお伝えしましたが、しかしアメブロなどの無料ブログだけで集客しようとするのも考えものです。

何故ならアメブロなどの無料で使えるものは、利用規約の変更などである日突然使えなくなる場合があるからです。

お金で時間を買うという考え方をする

失ったお金は稼げば取り返すことができますが、失った時間は億万長者であっても取り返すことはできません。

しかし、これから失ってしまうかもしれない時間をお金で買うことはできます。

例えば月に100万円稼ぐのに普通なら3年かかるところを、コンサルタントを雇って1年に短縮できれば、2年間という時間を買ったということになります。

本来なら稼げなかった2年間も月に100万円稼ぎ続ければ、コンサルタント費用によって2千万円を前倒しで稼ぐことができるわけです。

【5】キラキラ女子起業の痛すぎるリアル

女子起業家たちがホテルのラウンジなどで集まっている、キラキラした集合写真をフェイスブックなどで見たことはありませんか?

俗に言うキラキラ女子起業、この実態をあなたはご存じでしょうか?

キラキラ女子起業家たちは確かに稼ぐことができています。

しかし、実はキラキラ女子起業家の仲間うちで商品を買い合っているケースが少なくありません。

あなたの商品を求めるお客様に買ってもらわなければ、起業してもビジネスを長く続けることはできません。

ご注意ください。

背伸びをした虚像

バブル世代の50代主婦の多くは、バブル時代がよみがえったかのようなキラキライメージに引っかかりやすいのが弱点です。

フェイスブックなどに出回っているキラキライメージは、無理して背伸びをしている必死すぎる虚像であることを忘れないでください。

50代主婦起業を自分らしく成功させる条件とは

偉大な企業の共通点

ビジネス書の古典的な名著、ジェームズ・C・コリンズ著『ビジョナリーカンパニー②飛躍の法則』によれば、偉大な企業には共通点があります。

共通点とは以下の3つの条件が重なるビジネスを行っていることです。

自社が世界一になれる部分はどこか?
経済的原動力になるのは何か?
情熱を持って取り組めるのは何か?

50代主婦起業を成功に導くビジネスとは

50代主婦起業を成功させる条件は、偉大な企業の共通点とまったく同じ。

自分がライバルの中でナンバーワンになれる部分はどこか?
お客様に「欲しい!買いたい!」と言われる部分はどこか?
情熱を持って心から楽しみながら取り組めることとは何か?

これら3つの条件が重なるビジネス。

それが50代主婦起業を成功に導くビジネスです。

ブログの基本を90本の動画で学べる【無料オンラインプログラム】をプレゼント!