この記事をご覧くださりありがとうございます。この記事では次のことを学ぶことができます。

・特化ブログで安定月収5万円を稼ぐまでの手順
・特化ブログをつくるために必要な全てのタスク
・グーグルアドセンスだけで月5万円を稼ぐ方法

私自身、この記事でお伝えする方法によって、グーグルアドセンスだけで月に10万円から400万円を稼ぎ出す大小様々なブログをいくつも作り出してきました。

この記事では、ブログ初心者がつまづかないように月に5万円を稼ぐ特化ブログの作り方の手順を50の細かいステップに分解してお伝えしています。

この記事でお伝えしていることが、あなたの特化ブログの成功にお役に立てれば幸甚です。

このページの目次

特化ブログの基礎知識

【1】特化ブログと雑記ブログの違い

次に述べるような場面を想像してください。

あなたはとびっきり美味しいピザを食べたいとします。そんな時、あなたなら以下の2つのお店のどちらのピザを食べたいですか?

焼きそばにお寿司におでん、たこ焼きからドーナツ、焼きとうもろこしまでありとあらゆるメニューが揃っているファミレスのメニューのうちの一つであるピザ。

あるいは、様々なチーズとトッピングでカスタマイズできるピザ専門店のピザ。

多くの人は、後者のピザ専門店のピザを選ぶことは言をまちません。

前者のファミレス。これが雑記ブログ。そして、後者のピザ専門店。これが特化ブログに該当します。

ピザ専門店が選ばれる理由は専門店であること。同様にブログも、専門性で選ばれます。

【2】特化ブログのメリット

さながらピザ専門店のような特化ブログには、専門性の高さが読者から選ばれるほかに以下に述べるようなメリットがあります。

アクセスが安定するため、毎月安定した収益を得ることができる。
アフィリエイト収入だけでなく、自分独自の商品を開発して販売することもできる。
サイトM&A(サイトやブログの売買)で買い手がつきやすい。
専門性の高さが評価されリピーターが集まることで、収益がさらに安定する。
グーグルも専門性の高さを評価するため、アクセスアップが実現する。
専門性の高いコンテンツは社会からも高く評価される。
他の分野の特化ブログにも応用がきく。
特化ブログで磨かれたスキルはリアルのビジネスに求められるため、キャリアアップのチャンスが増える。
ライバルが簡単に追いつけなくなる。

【3】特化ブログのデメリット

特化ブログは万能ではありません。メリットもあればデメリットもあります。特化ブログが持つデメリットには次に述べるようなものがあります。

収益化されるまで時間がかかりブログ運営のモチベーションが続かない。
収益化する前に挫折しやすい。
記事に書くテーマが限定されるため、ネタ切れを起こしやすい。
ときに興味を持てない記事を書かなければならない場合が生じる。

以上が特化ブログのデメリットですが、実は特化ブログのデメリットはメリットに転化することができるのです。

例えば、収益に時間がかかり挫折しやすいというデメリットがあるため、参入してくるライバルが少なくなります。

また、記事ネタが切れてしまっても、過去に書いた記事をリライトしてより上質な記事にブラッシュアップすることに時間を使うことができます。

【4】雑記ブログから特化ブログへの移行のタイミング

雑記ブログからブログ運営を始めた人が、途中から特化ブログに変更したくなった場合。

または、練習のために雑記ブログから始めて、いよいよブログ運営スタイルを特化ブログに変更する場合。

雑記ブログから特化ブログへの最適な移行のタイミングをよく質問されます。

最適な移行のタイミングはいつか。結論から言いますね。いいですか?答えは、特化ブログに移行しようと思ったそのときです。

ひらたく言えばいつでもいい、ということです。

またトレンドブログの指導者が、トレンドブログで成果を出した後に特化ブログに移行するよう勧めるケースがあります。

残念ながら、このやり方はオススメできません。

何故か。トレンドブログの記事の書き方は特化ブログには通用しないからです。

トレンドブログ特有の記事の書き方の悪いクセが身についてしまうと、特化ブログでは成果を出しにくくなってしいます。

くれぐれもご注意ください。

特化ブログの稼ぎ方

【5】ASPアフィリエイト

ASPアフィリエイトとは簡潔に説明すると、ブログで商品を紹介しその商品が売れたら成果報酬を稼ぐ仕組みのことです。

ブログで月に数百万円も稼ぐような人の大半はASPアフィリエイトで稼いでいます。

しかし残念ながらASPアフィリエイトには二つの大きな問題を抱えています。

一つは、売るための文章を書く必要があり、それが初心者にはなかなか難しい。なので、初心者は成果を出しにくいという問題。

そしてもう一つの問題。

ASPアフィリエイトで扱われている商品の一部には「業界の闇」を巧みに利用して成り立っているものが存在します。

特に「稼ぎやすい」ジャンルにそのような商品が多いので、稼げば稼ぐほど罪を作ってしまうことになるわけです。

なお、どの商品が「業界の闇」を利用したものなのか気になる方はご自分で社会勉強し、大人の事情をしっかりと理解してください。

【6】グーグルアドセンス

グーグルアドセンスとは、検索サイトでおなじみグーグル社が提供している広告です。

上で述べたASPアフィリエイトが商品を売るために「営業」しなければならないのに対して、グーグルアドセンスは「営業」の必要はありません。

広告にブログに貼っておくだけ。そしてその広告がクリックされたら報酬が入ります。

ASPアフィリエイトは紹介している商品が売れなければ1円も稼げません。一方、グーグルアドセンスは商品が売れなくても広告がクリックされるだけでお金を稼げます。

またASPアフィリエイトが紹介する商品を選ぶ手間があるのに対して、グーグルアドセンスは広告を選ぶ必要はありません。

よってブログの記事を書くことに集中することができるようになります。

なお、グーグルアドセンスは「アカウントを剥奪されるのが怖い」と言う人がいますが、ルールを守っていれば怖いものはありません。

「アカウントを剥奪されるのが怖い」と言うのは、たとえるならば道路交通法の基本も知らずに「運転免許証を剥奪されるのが怖い」と言うようなものです。

【7】初心者に最適な稼ぎ方

ASPアフィリエイトとグーグルアドセンス。初心者に稼ぎやすいのはどちらか。結論から言いますね。

初心者に稼ぎやすいのはグーグルアドセンスです。理由は次に述べる通りです。

売れる商品を売れない商品を見極める必要がない。
商品を売るための高度なライティングテクニックを必要としない。
記事を書くことに集中できる。

なお、グーグルアドセンスで稼ぐのは効率が悪いという人がいます。

グーグルアドセンスで月に100万円稼ぐには300万回から400万回のアクセスをブログに集めなくてはなりません。

一方で、ASPアフィリエイトでは月に1万回ほどのアクセスで月に100万円稼げる場合があります。

しかし、効率というのは作業の所要時間を基準にすべきです。

そして、実を言うと1万アクセスを集めるための作業の所要時間も、月に300万アクセス集めるための作業の所要時間も、ほぼほぼ同じです。

つまり、ASPアフィリエイトとグーグルアドセンスそれぞれの効率に大差はありません。

特化ブログをつくる準備をする

【8】特化ブログのジャンルを決める

特化ブログのジャンルは、以下の3つの要素が重なるものを選んでください。

1:ニーズが多くアクセスが大量に集まるジャンル
2:楽しく続けることができそうなジャンル
3:自分がナンバーワンになれそうなジャンル

それぞれについて説明します。

1つ目:ニーズがなければブログにアクセスは集まりません。そしてブログにアクセスが集まらなければ収益は発生しません。

2つ目:ブログを成功させる最大の秘訣は継続です。長く続けることが必要です。そのため楽しく続けられることが重要です。

3つ目:ライバルよりも役に立つブログでなければブログは読んでもらえません。ブログが読まれなければ収益は発生しません。

特化ブログのジャンルを決めるにあたり、以下の2つの記事も参考にしてください。

【9】メディアミッションを決める

メディアミッションを平易な言葉に置き換えるなら「誰のために、何によって、どのように役立つブログ」なのかということです。

多くの人は自分のためよりも他人のためにと思って行動した方がパフォーマンスが高くなります。

ブログを運営すると様々な困難に直面することがあるはずです。

それら困難を乗り越えるための原動力。それがメディアミッションです。メディアミッションは折れない心をつくるために重要です。

メディアミッションは以下に述べる3つの要素を決め、それを一つの言葉にまとめてください。

1:誰のためのブログなのか
2:どのような情報で役だとうとするのか
3:読者がそのブログから得られること

メディアミッションが決まったら、そのミッションからブレないように常に目につく場所に貼っておくことをお勧めします。

【10】特化ブログのコンセプトをつくる

コンセプトという抽象的な概念を具体例を示しながら説明します。

仮に神社をテーマにした特化ブログを構築するとします。そして神社がテーマの特化ブログのコンセプトは例として次のようなものが考えられます。

ブログで提供する情報 ブログのターゲットとなる人
「参拝方法」「お参り」「お札」などの情報 正しい作法で神社参拝したいと考えている人のためのブログ
「御朱印」「有名な神社」などの情報 趣味や観光として神社参拝したいと考えている人のためのブログ
「相性」「属性」などの情報 開運やご利益に強い関心がある人のためのブログ

以上のコンセプトメイキングの方法は、以下の記事も参考にしてみてください。

【11】特化ブログの設計図づくり

ブログの設計図は、ブログのコンセプトに応じてカテゴリーを設定し、それぞれのカテゴリーにどのような記事を投稿するのかをツリー形式で描いてゆきます。

上の章で述べた神社の特化ブログの例として挙げた3つのコンセプトをもとに設計図を描くと次のようになります。

「参拝方法」「お参り」「お札」などの情報を提供する、正しい作法で神社参拝したいと考えている人のためのブログ。
「御朱印」「有名な神社」などの情報を提供する、趣味や観光として神社参拝したいと考えている人のためのブログ。
「相性」「属性」などの情報を提供する、開運やご利益に強い関心がある人のためのブログ。

特化ブログの土台づくり

【12】ブログの本体を開設する

いよいよここから、具体的にブログを開設する作業段階に入ります。ブログ本体の開設は以下の4つの作業が必要です。

1)サーバーを借りる
2)ドメインを取得する
3)ワードプレスを設置する
4)テーマを設定する

ブログを開設する作業は、以下の通り店舗の開店にたとえることができます。

1)サーバーを借りる
店舗を建てるための土地を借りる。
2)ドメインを取得する
店舗の住所が割り当てられる。
3)ワードプレスを設置する
店舗の建物を建設する。
4)テーマを設定する
看板や内装を整え店舗を完成させる。

【13】サーバーを借りる

サーバーとは大型コンピューターのことで、あなたのブログはこのサーバーの中に開設されます。

ただし、サーバーを借りるとは言っても、借りてきた巨大なコンピューターをあなたの自宅に設置するわけではありません。

日本国内、または海外のどこかに設置されているサーバーの中の一部を借りて、その借りたスペースにあなたのブログを開設するのです。

サーバーを借りる費用は月額1000円から2000円ほど。

年払いのものもあれば毎月支払うものもあり、あなたの予算に合わせて最適なサーバーを選んでください。

なお、グーグルアドセンスで収益化するブログに最適なサーバーとして、私が推奨しているのは下記のサーバーです。

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

【14】ドメインを取得する

ドメインとはブログやホームページの住所のことです。

このブログのURLは「https://y-hatano.com/」ですが、このURLのうち「y-hatano.com」がドメインにあたります。

ドメインには、末尾が「com」「net」「jp」などが様々な種類のものがあり、種類によってドメインの取得費用は異なります。

なお、私が推奨するドメインは末尾が「com」のもの。

そして、末尾が「com」のドメインであれば取得費用は1000円から1500円。

ただし、ドメインは毎年の更新が必要となるため、取得費用は毎年1回発生します。

この年1回の支払いをうっかり忘れてしまうとそのドメインが無効となり、ブログが表示されなくなってしまいますのでくれぐれもご注意ください。

【15】ワードプレスを設置する

新しい店舗をはじめるために、ここまで二つのステップを踏んできました。

ステップ1:店舗を建てる土地を借りる=サーバーを借りる。
ステップ2:店舗を建てる土地の住所を決める=ドメインを決める。

土地を借り住所が決まったところで、いよいよ店舗用の建物の建設がはじまります。

店舗の建物にあたるのがワードプレスです。

パソコンで文書を作るのにはワード。表計算をするのであればエクセルが必要ですが、ブログに必要なのがワードプレスです。

借りたサーバーにワードプレスを設置するのにそれほどの時間はかかりません。

技術的に難しそうであればココナラなどで外部委託する選択肢もあります。

ちなみにワードプレスは無料で手に入れることができます。

【16】テーマを設置する

建物を建てただけで内装も外装も整えていなければそれは店舗とは呼びません。

ブログも一緒です。

建物にあたるワードプレスを設置しただけでブログを始めることはできますが、読者にとって読みづらく、運営するあなたにとっても何かと不便なままです。

そこで必要となるのが「テーマ」です。

一口にブログと言っても、様々なデザインのものがありますが、デザインを決めているのがテーマの存在です。

テーマは無料のものと有料のものがあります。

望ましいのは有料のテーマですが、予算的に有料のテーマを購入するのが難しいのであれば、有料テーマの無料版がオススメです。

まずは無料版を使い、予算に余裕ができた段階で有料テーマに切り替えると、それまでのデザインを損なうことなく無料テーマから有料テーマに移行することが可能です。

【17】グーグルアナリティクス

ブログの開設が完了し、その後はただ漫然とブログの運営を続けているだけでは、ブログを成功させることはできません。

ブログを成功させるには改善に次ぐ改善。改善の積み重ねが求められます。

そして、ブログを改善するには、改善すべきポイントを見つけねばならず、改善すべきポイントを見つけるためのデータが必要です。

この、ブログの改善ポイントを見つけるためのデータを入手するツールがグーグルアナリティクスというツールです。

グーグルアナリティクスは、その名前が示す通りグーグルが無料で提供しているツールです。

グーグルアナリティクスによって、あなたは次のようなデータを入手することができます。

ブログに集まっているアクセスの数
ブログが何分間読まれているかの平均値
ブログが何ぺーじ読まれているかの平均値

【18】サーチコンソール

サーチコンソールも、グーグルアナリティクスと同様にグーグルが無料で提供している、ブログの改善に必要なデータを取得するためのツールです。

グーグルアナリティクスが、ブログを改善するための数値データを取得できるのに対して、サーチコンソールは数値で表せないデータを手に入れることができます。

数値で表せないデータとは次のようなものです。

どのような悩みを持っている人がブログに来ているのか(どのような言葉を使って検索されたののか?)
グーグルからどのように評価されているのか(検索結果での順位は何位か?)
読者からどのように評価されているのか(何%の人があなたの記事を読んでくれているのか)

【19】サイトマップ

あなたのブログに集まるアクセスの大部分はグーグルから流れてきます。では、グーグルはどのような働きをしているのでしょうか。

あなたのブログが本だとしたら、グーグルは図書館です。

あなたの書いた本。そして図書館。この2つをイメージしながら読み進めてください。

まずはじめに、あなたの書いた本が図書館に収蔵されます。

そして、図書館の目立つ書棚にあなたの書いた本が陳列されます。

そして、図書館にやって来た人があなたの書いた本を発見する。面白そうだなと思って読むことにする。

つまり、グーグルとは、あなたの本を見つけてもらうための図書館なのです。

以下に述べるようなイメージで、あなたのブログにアクセスが集まってきます。

あなたの書いた本(ブログ)が図書館(グーグル)に収蔵される。(インデックスされると言います)
図書館(グーグル)の目立つ書棚にあなたの書いた本(ブログ)が陳列される。(検索結果に表示される)
図書館(グーグル)にやって来た人があなたの書いた本(ブログ)を読む。(検索結果であなたのブログを見つけた人がクリックして読む)

あなたのブログの存在をグーグルという名の図書館に知らせる行為。それを「サイトマップ送信」と言います。

サイトマップ送信具体的な作業手順は以下の記事をご覧ください。

特化ブログの収益化の準備

【20】審査用の記事を書く

ブログの開設準備が完了したら、次にグーグルアドセンス広告を貼る準備です。

ところで、グーグルアドセンス広告をあなたのブログに貼るには、グーグルアドセンスのアカウント(口座)を持っていなければなりません。

そしてグーグルアドセンスのアカウント(口座)を取得するには申請が必要です。

申請は、ブログに10記事程度を投稿した上で行います。ただし、10記事さえ投稿すれば簡単に申請にパスするわけではありません。

ここ数年、申請でパスする基準は厳しくなる傾向にあります。

着実に申請にパスするためにも、以下に述べる条件を満たす記事を書いてください。

資格取得の勉強方法や、仕事を上手にこなすコツなど独自の体験をもとにした役立つ記事であること。
他のブログなどでは読むことができない創作料理のレシピなどで、なお且つ独りよがりではなく読み手の興味を引く内容であること。
1記事あたり1500〜2000字で書き、完全なオリジナルであること。

【21】審査に出す際に注意すべきこと

グーグルアドセンスには規約すなわちルールが存在します。

ルール違反になるような記事を書いて審査に出してもパスしないことは言をまちません。

どのような記事がルール違反になってしまうのか。記事を書く前に把握しておいてください。

グーグルアドセンスのルールで禁止されている記事にはどのような種類のものがあるのか、以下のリンク先のグーグルの公式サイトで確認してください。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー
Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限コンテンツ

なお、グーグルアドセンスの審査にパスした後も、グーグルアドセンスのルールを守らねばならないことは言うまでもありません。

特化ブログの基本を学ぶ

【22】審査中にすべきこと

グーグルアドセンスの審査を出し終えたら審査中にすべきこと。近所の神社へ合格祈願のお参り・・・は、好きな方だけどうぞ。(笑)

審査結果の通知が来るまでの間、一息つく人がいますが、それは時間のムダです。

審査結果の通知が来るまでの間、以下の項目についての学習と、ブログ運営の準備を進めましょう。

学習すべき項目とブログ運営の準備は下記する通りです。

学習すべき項目
SEO:検索エンジン最適化とは
グーグルのことを理解する
ブログにアクセスが集まる仕組み(インデックス)
検索キーワードの本質を理解する
検索キーワードの構造を理解する
YMYLとEATを理解する
ブログ運営の準備
ネタ選定
検索キーワード選定
検索ボリューム調査

それぞれの項目の詳細は、これより以下で一つ一つ解説します。

【23】SEO:検索エンジン最適化とは

SEOとは、グーグルが開発した機械に忖度する冷たく無機質、そして裏技的なテクニックである。

そう思い込んでいる人がたくさんいますが、それは大きな勘違いです。

もしあなたが、大好きな人に宛てたラブレターを郵便で送る場合、正確な郵便番号と正確な住所を封筒に書くはずです。

正確な郵便番号と正確な住所を書かなければあなたの想いは相手には伝わりませんから。

正確な郵便番号と正確な住所を書く理由は、好きな人への愛情ではありませんか?決して郵便局の住所読み込み装置のためではないはずです。

SEOとは、自分の想いを読者に正しく伝えるための技術です。正確な郵便番号と正確な住所を書くのと本質は同じです。

SEOの本質。検索エンジン最適化の本質とは愛情表現であることを忘れないでください。

【24】グーグルの使命を理解する

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」

これはグーグルが、自社の使命として掲げている言葉です。(原文はこちら >>

さて、グーグルは世界中の情報を整理することを目指しているわけですが、そもそも「整理」とはどのような意味を持つ言葉でしょうか。

デジタル大辞泉では「整理」という言葉を次のように定義しています。

1:乱れた状態にあるものを整えて、きちんとすること。
2:無駄なもの、不要なものを処分すること。

デジタル大辞泉が定義する「整理」に従えば、グーグルが目指しているのは世界中の情報の乱れた状態を整えて、無駄な情報、不要な情報を処分することです。

そして、無駄で不要な情報を取り除いた末に残された有益な情報を、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

このグーグルの使命をしっかりと理解してください。

無駄で不要な情報を取り除いた末に残された有益な情報の一つにあなたのブログが選ばれること。

それがあなたの使命です。

【25】ブログにアクセスが集まる仕組み(インデックス)

ブログに集まるアクセスの大半はグーグルからやって来ます。

この際のグーグルの役割を図書館にたとえると、ブログにアクセスが集まる仕組みをイメージしながら理解できるようになります。

以下、グーグルの役割を図書館にたとえてブログにアクセスが集まる仕組みを説明します。

あなたの書いたブログは「本」にたとえられます。

そしてあなたの書いた「本」は、グーグルという名の「図書館」に収蔵されます。

「ブログがグーグルにインデックスされる」と言いますが、これは「本が図書館に収蔵される」と言い換えることができます。

さて、グーグルという名の「図書館」では、有益な「本」を人目につく書棚に並べて、その有益な「本」を誰もがすぐに読める状態にします。

そして、グーグルという名の「図書館」から有益と評価された「本」だけが多くの人たちに読まれます。

「図書館」から有益と評価された「本」が多くの人に読まれる。

つまり、グーグルから有益と評価されたブログが、人目につく書棚に当たる検索結果の上位に表示。その結果として多くのアクセスが集まってくるのです。

【26】検索キーワードの本質を理解する

ネットユーザーが何か調べごとをするために検索で用いる言葉のことを「検索キーワード」と言います。

ところで、多くのネットユーザーはグーグル検索のことを「グーグル先生に教えてもらう」と表現します。

この表現からもわかるとおり、検索キーワードとは「グーグル先生に教えてもらいたいこと」です。

もっとシンプルに言うと検索キーワードとは質問です。

よって、検索キーワードでブログの記事を書くということは、質問に対しての回答を記事に書くことを意味します。

検索キーワードの本質は質問です。

検索キーワードの本質への理解ができていないままブログを書くと、そのブログは例外なく失敗します。

検索キーワードの本質への理解はそれくらい重要です。

ブログ初心者の方は、本記事のこの章だけ手帳に書き写し、検索キーワードの本質が腹に落ちるまで繰り返し読んでください。

【27】YMYLとEATを理解する

YMYLとEATはともに、特定の情報についてのグーグルの造語です。

YMYLとは、Your Money, Your Lifeの略語で、お金や健康など検索ユーザーの生活に大きな影響を与える情報のこと。

EATとは、Expertise, AAuthoritativeness, TrustWorthinessの略語で、それぞれ日本語に翻訳すると、専門性、権威性、信頼性という意味です。

さて、ステップ24とステップ25で、グーグルの使命と役割をお伝えしました。

世界中の情報のうち有益なものを見つけ出すという使命。そして見つけ出した有益な情報を目立つ場所に表示するという役割。

これら使命と役割を果たすため、グーグルは情報発信者の専門性、権威性、信頼性を厳しく精査しています。(EAT)

また、とりわけ検索ユーザーに大きな影響を及ぼすお金と健康などの情報については、より厳しく監視を行っています。(YMYL)

グーグルは世界中の情報を整理する=無駄な情報、不要な情報を処分するにあたり、YMYLとEATを基準にしていることを忘れないでください。

特化ブログを書き始める

【28】プロフィール

いよいよ、ここから具体的な執筆作業に入ります。

ただし最初に書く記事は、アクセスを集めるための記事ではなくあなたのプロフィールの紹介する記事です。

特化ブログはプロフィールがとても重要です。

何故なら、上に述べたEATすなわち専門性、権威性、信頼性をプロフィールによってアピールするからです。

また、専門性、権威性、信頼性以外にも、読者の感情を揺さぶるようなプロフィールにすることで、リピート読者を獲得することにもつながります。

専門性、権威性、信頼性によってグーグルと読者から評価され、感情を揺さぶるストーリーによって熱狂的なファンの獲得を目指してください。

プロフィールの書き方については以下のリンク先の記事で詳しくお伝えしています。この記事と合わせて学習してください。

【29】ネタ選定

ここで言うネタとは、特化ブログの記事として取り扱う題材を意味します。

わかりやすい例で言うと、もし仮に家庭菜園に関する特化ブログをつくるのであれば、ネタとして次のようなものが挙げられます。

家庭菜園 トマト
キュウリ 夏野菜

これら、特化ブログの主要な題材となりそうなものを最低でも10個。可能であればもっとたくさんの題材を集めてください。

特化ブログのジャンルについての雑誌や書籍などを見れば、特化ブログの記事に書くためのネタはいくらでも集まるはずです。

またYahoo!知恵袋などのQ&Aサイトでもネタを集めることができます。

ネタの集め方については、以下のリンク先の記事で詳しく解説しています。この記事と合わせて学習してください。

【30】検索キーワード選定

十分な数のネタが集まったら、それら集めたネタをもとにして検索キーワードを選定します。

ステップ26でお伝えしたとおり、検索キーワードとは言い方を変えると質問です。

よって、集めたネタをもとにして検索キーワードを選定するとは、集めたネタについてネットユーザーが知りたいことを調べる、ということです。

例えば家庭菜園の特化ブログをつくる場合。ネタとして「トマト」を挙げました。

ネタとして挙げた「トマト」についてネットユーザーは何を知りたいのか。調べ方はいたって簡単です。

以下のリンク先のサイトで「トマト」と検索してみてください。

http://www.related-keywords.com/

検索して表示される大量の言葉の数々。これらが検索キーワードです。「トマト」という言葉と一緒に検索されている言葉です。

例えば、下記キャプチャ画像の「トマト 植え付け」という検索キーワードは「トマトの植えつけ方を知りたい」という質問をあらわしています。

【31】検索ボリューム調査

検索ボリュームとは、選定した検索キーワードが1ヶ月間に何回検索されているかをあらわす数値です。

ひらたく言えば「1ヶ月間にその質問は何回されているか?」ということです。

検索ボリュームを調べることは需要です。何故なら、1ヶ月間に1回も質問されていないことに回答する記事を書いてもアクセスなど集まらないからです。

検索ボリュームの調べ方はいたって簡単です。

グーグルキーワードプランナーというグーグルの無料ツールにアクセスして調べたい検索キーワードで検索するだけです。

グーグルキーワードプランナーはこちら >>

そして、グーグルアドセンスで収益化するブログをつくる場合、月間検索ボリュームは最低でも100は欲しいところです。

なお、検索ボリュームの調べ方の手順は、下記のリンク先のページで詳しく伝えしていますので、この記事と合わせて読んでください。

【32】ペルソナを設定する

ここからいよいよ、アクセスを集めるための記事執筆に取り掛かります。

しかし、いきなり記事執筆には取り掛からないでください。記事を書く検索キーワードを決めたら、その記事をどのような人に読んでもらいたいのかを考えてください。

俗に言う「ペルソナ設定」を記事執筆に取り掛かる前に行ってください。

ただし、グーグルアドセンスで収益化する特化ブログの場合、それほど厳密なペルソナ設定は必要ありません。

読者は男性なのか女性なのか。年齢層。住んでいるのは都会か地方都市か。初心者かベテランか。このくらいざっくりした設定でかまいません。

ペルソナを設定する理由はシンプルです。

設定したペルソナによって記事の書き方が変わってくるからです。

設定したペルソナが男性向けなら抽象度の高い表現。女性なら具体的な記述。初心者なら専門用語を避けた表現。ベテランなら徹底的に詳しく。などなど。

初心者に対して専門用語ばかりの記事を書いても読まれはしません。

そのような間違いを犯さないためにも、ペルソナは必ず設定し、ペルソナがもっとも好む書き方で記事を書いてください。

【33】ユーザーの知りたいことを理解する

ステップ26でお伝えしたとおり検索キーワードとは別の言葉で言い表すと検索ユーザーからの質問です。

そして、検索キーワードで記事を書くという行為は、質問に対する回答を記事に書くということです。

検索キーワードに込められている質問の意図を正確に洞察してください。

質問の意図を正確に洞察することで、あなたの書いた記事は有益な記事として、グーグルからも読者からも高く評価されるようになります。

一方、質問の意図と洞察を誤ると、ブログにアクセスを集めることはできません。

検索キーワードに込められている質問の意図は、その検索キーワードで実際に検索を行い、検索結果に表示された記事を読み込めばおのずと見えてくるはずです。

【34】記事のゴールを決める

記事のゴールを決めるとは、あなたの記事を読んだ読者が、あなたの記事を読み終えたときにどのような状態になっているのか。

またはどのような行動を取り始めるのか決める、ということです。

例えば、「大事な人に贈るプレゼントの候補」を知りたい人向けに書いた記事を読んだ人が、プレゼントのチョイスを終えて購入する。
例えば、「ワードプレスの構築方法」を知りたい人向けに書いた記事を読んだ人が、あなたの記事を教科書にしながらワードプレスの構築に実際に取り組み始める。
例えば、「ブログで稼ぐことはできるのか?」という疑問への答えを知りたい人向けに書いた記事を読んだ人が、ブログで稼げると確信しブログに挑戦する。

ステップ33では、検索ユーザーが知りたいことを洞察しました。

その洞察をもとにして、まずは検索ユーザーが知りたいことをしっかりと伝え、さらにその検索ユーザーにとってサプライズとなるような情報を提供してください。

このサプライズが記事のゴールです。

【35】記事タイトルの作り方

ユーザーにクリックされるかどうかが決まる記事タイトルづくりはとても重要です。

記事タイトルづくりには必須の2つのポイントと、より良い記事タイトルづくりを成功させるための3つのポイントがあります。

必須の2つのポイントは以下の通りです。

32文字以内にする
検索キーワードをすべて含める

より良い記事タイトルづくりを成功させるための3つのポイントは以下の通りです。

記事を読むと決めるのは人である!
検索結果の中で目立った者が勝つ!
タイトルは質問への答えと心得よ!

とにかく目立ったもの勝ちの記事タイトル。上手につくるポイントをさらに詳しく解説した記事を用意しています。

合わせてご覧ください。

【36】本文の構成(文章の順番)

映画が傑作になるか駄作になるかは脚本の構成(ストーリーの順番)で決まると言われていますが、これはブログの文章も同じことです。

読まれる記事になるかならないかは、文章の構成(文章の順番)にかかっています。

この章では初心者にも取り組みやすい基本的な3つの文章構成、特化ブログに最適な文章の型をお伝えします。

基本的な3つの文章構成とは以下の3つです。

並列型 「大事な人に贈るプレゼントの候補」など、たくさんの情報を知りたい人に向けて記事を書く場合の文章構成。
ステップバイステップ型 「ワードプレスの構築方法」など、正しい手順を知りたい人に向けて記事を書く場合の文章構成。
PREP法 「ブログで稼ぐことはできるのか?」など、最適な答えを知りたい人に向けて記事を書く場合の文章構成。

これら基本的な文章構成の詳細については以下のリンク先の記事を参照してください。

【37】見出しであらすじをつくる

見出しとは、書籍では章のタイトルに当たるもので、ブログの管理画面では「h2タグ」や「h3タグ」によって記述され、ブログ上では太字で表記されている箇所です。

上記の「【36】見出しであらすじをつくる」も見出しの一つで、ブログの管理画面では以下のように記述されています。

さて、記事を執筆にあたり、まずはこの見出しを使って文章のあらすじを作ってください

文章のあらすじをつくることで、文章を書いているうちに文章が論理破綻を起こしたり、文章があらぬ方向に展開しゴールを見失う事態を防ぐことができます。

また、文章のあらすじが決まっていれば、そのあらすじに沿って文章を書くだけ。

文章を書きながら文章の展開を考える手間も省けるため、文章のあらすじを事前に決めることで効率よく記事を書くことができるようになります。

文章のあらすじの見本は以下の概念図を参考にしてください。

【38】導入文の書き方

導入文とは、「書き出し」や「イントロ」とも呼ばれる記事の冒頭部分です。

導入文はとても重要です。なぜなら、読者の多くは導入文に書かれている内容によってその記事を読むかどうかを決めるからです。

導入文には次の3つの要素が含まれるようにしてください。

何を知りたい人に向けて書かれた記事なのか
その記事にはどのようなことが書いてあるのか
その記事を読み終えた後に読者はどうなるのか

一方で、導入文に次のような記述を見かけることがよくありますが、読者が読むのをやめてしまうきっかけを与えるだけです。

次のような記述はしないでください。

時候の挨拶 夏の挨拶ではじまる記事は冬に読むと違和感がある
近況の報告 読者の大半はあなたの近況に興味はありません

【39】本文の書き方

ステップ37でお伝えした見出しのあらすじを作ってしまえば、あとはそのあらすじに沿って文章を書くだけですが、特に次に述べる点に注意しながら書いてください。

1:見出しごとの文章の長さは可能な限り揃える
ある見出しの下の文章は短く、他のある見出しの下の文章はとても長い。このような記事はとても読みにくくなるため、見出しごとの文章の長さは可能な限り揃えてください。
2:検索キーワードを意識しすぎない
文章に検索キーワードを多く含めようと意識するあまり奇妙な日本語になってしまう記事をよく見かけます。本文を書くにあたり検索キーワードを意識しすぎないでください。
3:できるだけ使わないようにしたい表記
「とか」という接続詞。文末を「思います」や「ですよね」で終わらせる文の結び方。これらは書き手に自信のない印象を読む側に与えてしまいます。使用は避けましょう。

【40】まとめ文で絶対にやってはいけないこと

まとめ文は記事の末尾。最後の見出しに入る文章のことです。このまとめ文で絶対にやってはいけないことを1点だけお伝えします。

まとめ文の冒頭に「いかがでしたか」は絶対に入れないください。

まとめ文の冒頭に「いかがでしたか」という記述があるブログは「いかがでしたかブログ」と馬鹿にされているのです。

低品質な記事を量産するトレンドブログ実践者たちのほとんどがまとめ文を「いかがでしたか」で始めていることが原因です。

最近では「いかがでしたかブログ」を警告、または除外するグーグルクロームの拡張機能さえ登場しています。

まとめ文の冒頭に「いかがでしたか」の文言が入るだけで、その記事の価値は失われます。

「いかがでしたかブログ」にならないよう、くれぐれもご注意ください。

【41】メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、グーグルの検索結果に記事タイトルとともに表示される短文のことです。

上のステップ40に掲載したグーグルの検索ページのキャプチャ画像をご覧ください。

記事タイトルの下にある「最近流行の「いかがでしたかブログ」。例えば・・・」ではじまる記述がメタディスクリプションです。

メタディスクリプションでは、字数が限られている記事タイトルでは伝えきれないことを検索ユーザーに伝える大切な役割を担っています。

検索ユーザーの一定数は、記事タイトルと一緒にメタディスクリプションも確認した上で、その記事をクリックするかどうか決めています。

メタディスクリプションで、記事タイトルの情報不足を補完する記述を心がけてください。

なお、メタディスクリプションは全角で100字程度に収めてください。

特化ブログの運営

【42】特化ブログの記事数

特化ブログの記事数は200を目指してください。

この200という数字に特段の根拠が存在するわけではありません。

しかし、グーグルアドセンスで収益化するブログの場合、200記事を投稿したあたりで月に5万円から10万円の結果が出始める傾向にあります。

ただし、ひとつだけ注意が必要です。

200記事を投稿すれば自動的に結果が出るわけではありません。

記事の品質が高ければもっと少ない記事数で結果を出すことができますが、記事の品質が低ければ200記事書こうが300記事書こうが結果は出ません。

ブログの収益の結果が出るか出ないかが決まるのは、記事数ではなく記事の品質であることを忘れないでください。

【43】特化ブログの記事の文字数

あなたがもし「花のバラ 漢字」という検索キーワードで記事を書くとしたら、最適な文字数は何文字だと思いますか?

この質問への正解はありませんが、私は最適な文字数は2文字だと考えています。

「花のバラ 漢字」という検索キーワードで検索している人は、手書きで「バラ」という漢字を書きたくてお手本を探していることが考えられます。

そのような人には漢字で「薔薇」と示すだけで十分です。

これは極端な例ですが、最適な文字数というのは検索キーワードに含まれている質問の意図によって変わってきます。

検索している人が結論だけ素早く知りたいような場合、自ずと文字数は少なくなります。

一方で、検索している人が詳しい情報を求めている場合、文字数は数万字単位になることもあり得ます。

検索している人の気持ちをしっかりと洞察してください。

ただし初心者はさじ加減が難しいかと思います。まずは3000字程度の記事を目指してください。

【44】記事を書く所要時間の目安

記事を書く所要時間は短いほど正義。1時間に書き上げるのが正義。このような考え方が広く出回っていますが、この考え方は誤りです。

低品質な記事の量産を追求するトレンドブログ実践者たちが広めた迷信です。

質の高い記事を書くには、記事に必要な情報収集だけで数時間。記事のあらすじをつくるだけでも1時間近くかかる場合すらあります。

無駄な作業を繰り返すことで記事執筆に時間がかかるのは論外です。

しかし、記事を仕上げるのに時間がかかってしまうことを苦にする必要などありません。

記事を書く所要時間は、1ヶ月で投稿する記事数の目標。そして1日のうちで記事を書くのに使える時間。

これらから算出して、記事を仕上げる目標値を設定するようにしてください。

【45】特化ブログのネタ切れ対策

マニアックなジャンルの特化ブログをつくる場合、ときに書くネタが尽きてしまうネタ切れが生じる場合があります。

そのような場合の対処法を以下のリンク先の記事でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

また、限られたジャンルのネタを書き続けていると、書き続けることに飽きてしまう場合もあります。

そのような場合、特化ブログのジャンルとは関係ない記事を書きたくなりがちです。

しかし、その一方で特化ブログのジャンルと無関係の記事をあまりにもたくさん書きすぎては特化ブログではなくなってしまう。

そんな心配も生まれてきます。

特化ブログのジャンルに関係ない記事を書きたくなったときどうすればいいのか。以下のリンク先の記事でその対処法をご紹介しています。

【46】インデックス登録のリクエスト

ブログ記事の執筆を完了し、記事を投稿したらインデックス登録のリクエストを行ってください。

ところでこの「インデックス登録のリクエスト」という言葉。初心者の方には意味がよくわからないかもしれません。

ステップ19で、ブログとグーグルの関係を、本と図書館の関係に見立てて説明しましたが、インデックス登録のリクエストも本と図書館の関係で説明がつきます。

ブログという本を書いたら、グーグルという図書館に収蔵してもらう必要があります。

この「グーグルという図書館に収蔵してもらう」ことをインデックス登録のリクエストと呼びます。

インデックス登録のリクエストの具体的なやり方は以下のリンク先の記事で詳しく説明していますので、そちらをご覧になってください。

【47】内部リンク

記事数が増えてきたら、関連しあう記事どうしをリンクでつなげてください。これを内部リンクと呼びます。

内部リンクを貼ることのメリットは2つあります。

1つ目は、内部リンクによって読者を関連する他の記事に案内することで、読者がより多くの記事を読むことになります。

結果としてブログを読まれるページが増え、ブログの評価が高くなります。

2つ目は、グーグルがブログの全体像を把握しやすくなることです。

詳しい説明は省きますが、グーグルがブログの全体像を把握する結果として、あなたのブログは検索結果の上位に表示されやすくなるのです。

なお、内部リンクの貼り方は以下のサンプルが示すような形式で貼ってください。

OK 関連記事はこちらです:ブログ初心者が毎月5万円を稼ぐ特化ブログの作り方50ステップ
NG 関連記事はこちらをご覧ください
NG 関連記事は<https://y-hatano.com/specializedblog-seo>をご覧ください

【48】記事タイトルのリライト

記事の執筆が進み、グーグル検索結果の上位10位以内に記事が表示されるようになったら記事の改善をしましょう。

まずはじめに改善すべきは記事タイトルです。

記事タイトルの改善は、あなたのブログの記事の検索順位とクリック率(CTR)をサーチコンソールで調べることから始めます。

そして、検索順位に対してクリック率(CTR)が妥当かどうかをチェックします。

検索順位と、それぞれの平均クリック率(CTR)は、以下の表の通りです。(Advanced Web Ranking、2020年4月

順位 スマホ(%) パソコン(%)
26.91 26.91
15.08 16.40
10.36 10.10
7.66 6.69
8.95 4.69
4.53 3.39
3.03 2.49
2.23 1.92
1.68 1.53
10 1.28 1.27

あなたのブログの記事のクリック率(CTR)が、それぞれの検索順位において上の表の平均値を超えていれば合格。

平均値を下回っている場合、記事タイトルのリライトを行ってください。

そして、リライトを行ってから1週間後、再びサーチコンソールでクリック率(CTR)を確認し、改善されたかどうかをチェックしてください。

【49】記事本文のリライト

記事タイトルと並行して記事の本文も行います。

記事タイトルを改善するための指標としたのはクリック率(CTR)でしたが、記事本文を改善するための指標は滞在時間を用います。

滞在時間はグーグル アナリティクスで調べることができます。

改善対象となる記事は、滞在時間が30秒を下回っている記事です。30秒を下回っているということは、記事がクリックはされるもののほとんど読まれていないことが考えられます。

滞在時間が30秒を下回ってしまう最大の原因として考えられるのは、導入文が興味を持たれてないこと。

よって、滞在時間が30秒を下回っている記事を見つけたら、導入文をより魅力的になるようにリライトを行ってください。

毎月安定して5万円稼ぐ特化ブログ

【50】アクセス数と収入の目安

この記事では、ブログ初心者がゼロから特化ブログをスタートして、月収5万円を毎月安定して稼ぐためにすべきことを50のステップに分解してお伝えしました。

この記事の目標である月収5万円を毎月安定して稼ぐために必要なアクセス数(ページビュー)は15万から20万です。

15万から20万というと、中規模の市の人口すべてに匹敵する数字です。

そんな人数を本当に自分のブログに集められるのかと不安になるかもしれません。しかし、その点はご安心ください。

この記事でお伝えした50のステップを丁寧に実行すれば15万から20万のアクセスは集まります。

そしてその結果として、グーグルアドンセンスによる月収5万円の安定収入を手に入れることができるのです。

アドセンス特化ブログで月5万稼ぐのに役立つ記事20本

最後に、このページの中で紹介したアドセンス特化ブログで月5万稼ぐための記事20本すべてを一覧形式でまとめました。どうぞご活用ください。

まずは特化ブログ構築の全体像を把握しよう
トレンド一切なし!アドセンス特化ブログで月10万稼ぐ7ステップ
事例学習:月10万稼いだ事例
特化ブログ200記事で1年放置!それでも38万PV達成した3つの施策
1年放置でもPV5倍!月間38万PV特化ブログの非常識なSEO
知識ゼロで特化ブログを開始し5億PVを集めたリアルストーリー
アドセンス特化ブログのジャンルを決める
「趣味,好き,得意」をテーマに特化ブログを始める5つのステップ
初心者が稼ぎやすい特化ブログの10ジャンル500テーマを一挙公開!
アドセンス特化ブログのコンセプトの設計
特化ブログ|ライバルと差別化するためのブログコンセプトの設計図
特化ブログの名前(タイトル)で出来る!ライバル完全不在のSEO
リピーターユーザーを増やすプロフィール
特化・資産・トレンドブログ専用!ファンを作るプロフィールの書き方
アドセンス特化ブログの構築スケジュール
副業の特化ブログ|月収10万稼ぐのに必要な記事数の投稿スケジュール
特化ブログの更新頻度は毎日が基本!最初の半年は質より量をこなせ!
ブログライティングと基本的なSEO対策
特化ブログの記事の書き方|3種類の基本的な文章テンプレート
特化ブログのSEO|初心者でも最低限これだけはやるべき8つのこと
特化ブログ運営で行き詰まった時の処方箋
特化ブログのネタ切れ対策/1時間で100個のネタを見つける方法
特化ブログのジャンルに関係ない記事の最適な割合と対応策
好きや得意で始めたはずなのに!特化ブログ失敗の3大原因と解決策
特化ブログで稼げない人が今すぐ見直すべき9つのチェック項目
特化ブログのメリット&デメリットを検証
デメリットをもメリットに転化してしまう【特化ブログ】の破壊力
トレンドブログと特化型ブログ|メリットとデメリット逆引き比較
特化ブログと雑記ブログ/副業で稼ぐのに最適なのはどっち?