この記事では次のことが学べます!

  • 芸能人の画像を使うことはいかなる場合でもNG
  • ツイッターやインスタの埋め込みですらNG
  • 芸能人の画像の著作権侵害リスク解消の奥の手

トレンドブログの指導者の中には法律に無知な人が大勢います。注意してください!

この記事を書いている波多野は次のような実績を持っています!

  • 副業でブログを始めて半年で月収100万円
  • たった一つのブログで5億ページビュー
  • 特化ブログだけで通算1億円以上の収益

トレンドブログでトップクラスの実績者が語るビジネスと法律

この記事を書いている筆者はトレンドブログ開始から半年で月収100万円超えを達成。月収100万円超えを半年以上続けたところでトレンドブログの限界を知って撤退。資産ブログに切り替えてからさらに報酬を増やし続けた実績を持っています。

一方で、私がトレンドブログを開始した頃はサラリーマンでしたが、会社ではコンプライアンス委員長、すなわち法の番人みたいなポジションに立ち、ビジネス上の法律リスクの専門家としても活動していました。(コンプライアンス=法令遵守)

トレンドブログもプロ中のプロならビジネスと法律の問題についてもプロ。そんな私が書く記事なので、どうぞ安心して読み進めてください。

芸能人のアイキャッチ画像がいかなる場合でもNGである理由

繰り返します。芸能人のアイキャッチ画像をトレンドブログに使うのはいかなる場合でもNGです。引用と明示してもNG。ツイッターやインスタの埋め込みもNGです。この章ではその理由を説明します。

引用と明示してもNGである理由

芸能人の画像を使い「引用」と明示すること。さらに、引用する理由が明確でさえあれば著作権の問題はクリアします。

しかし、芸能人の画像は、著作権の他に二つの権利で守られています。

肖像権とパブリシティ権です。

肖像権はあなたもご存じかと思います。自分の顔の画像が無断で使われるリスクから守ってくれる権利です。

もう一つのパブリシティ権。タレントなどの著名人は、自分の顔で収益を稼いでいます。この収益を稼ぐ権利を他の誰かから奪われるのを守るのがパブリシティ権です。

引用が通用するのは著作権だけです。

引用と明示すれば著作権の問題はクリアできますが、引用と明示しても肖像権とパブリシティ権の問題はクリアできないのです。

引用が通じる範囲
著作権 肖像権 パブリシティ権
× ×

ツイッターやインスタの埋め込みもNGである理由

著作権がクリアされても肖像権とパブリシティ権がクリアできない以上、ツイッターやインスタの埋め込みもNGであることもご理解いただけるかと思います。

パブリシティ権は、タレント本人だけでなくそのタレントが所属する芸能プロダクションの利益にも関わってきます。

実際、芸能プロダクションによっては所属タレントのSNS発信に規制をかけているところすらあると聞きます。

所属タレントの顔で収益を稼ぐ権利をもっともいやがるのは、タレント本人ではなくそのタレントが所属する芸能プロダクションであることを理解してください。

自分で撮影した画像ですらNGである理由

ここまで書けば、あなたが自分で撮影した画像であってもブログに使うことはできないことはおのずと理解できるかと思います。

芸能人が写っていない画像であっても、あなたが撮影した画像に写り込んでいる見知らぬ人の顔にはボカシを入れる必要があります。

撮影した画像に写り込んだ人の顔にボカシを入れたものを、あなたもネット上で見かけたことがあるかと思います。

ボカシを入れる必要があるのは見知らぬ他人だけでなく芸能人も一緒です。ここまで言えばお分かりいただけるでしょうか。

トレンドブログのコンサルタントたちの無知すぎる指導に要注意!

トレンドブログのコンサルタントの中には、どうやら日本が法治国家であることを理解していない人が少なからず存在します。

そんな人たちの指導にはくれぐれもご注意ください。私が実際に見聞きしたバカすぎる指導事例を2つほどご紹介します。

生活に困っていれば多少の著作権侵害は正当化される

数百名の受講者の面前でこう言い切った講師がいました。著作権の侵害とは言い方を変えると万引きです。つまりこの発言は、生活に困っていれば万引きは正当化されると言っているようなものです。

その芸能人を応援する目的で画像を使うのであれば問題ない

応援すればOK。応援しなければNG。こんな論理は成り立ちません。

この論理は出来の悪い詭弁だと本人に伝えたところ「キベンって何ですか?」と聞き返されました。(笑)その方は日本人ですが日本語を正しく理解できていないようです。

芸能人のアイキャッチ画像の著作権侵害リスク解消の奥の手とは

芸能人のアイキャッチ画像の著作権侵害リスク解消の奥の手。結論から言いましょう。芸能人の画像は一切使わないこと。ただこれだけです。どうです、簡単でしょう?これならあなたも今すぐに実践できるはずです。

この章では芸能人の画像を一切使わないトレンドブログ運営の考え方について解説します。

トレンドブログに芸能人のアイキャッチ画像が必要というのはただの迷信

トレンドブログに芸能人の画像を使うと記事が見やすくなる。読者に親切だ。芸能人の画像を使うとアクセスが集まらなくなる。

まことしやかに語られているこれらの説。すべて都市伝説です。迷信に過ぎません。霊柩車を見たら親指を隠さないと父親が死ぬという迷信と同レベルの迷信です。(笑)

私がトレンドブログから完全撤退するまで、半年間以上、アドセンス報酬だけで月収100万円以上を稼ぎ続けましたが、芸能人の画像は一切使いませんでした。

この記事と同じように購入した画像素材にタイトルを入れただけです。さらに、その画像素材はこの記事で使っているものよりもさらに地味なものでした。

それでも、月収100万円を稼ぎ続けられるほどアクセスが集まるわけです。

芸能人のアイキャッチ画像がなくても毎日3万PVが集まった事例

とあるアイドルが主演の映画に関する記事を書いたときの事例です。その記事も、有料画像素材に記事タイトルを入れただけでした。

画像の他にグーグルマップも埋め込みました。その記事に必要だったので。

その記事のビジュアルな要素は、地味なアイキャッチ画像がひとつとグーグルマップ。この2つだけです。

にもかかわらず、その記事はビッグキーワードで検索結果の1位をとり、その映画に主演したアイドルのファンたちのツイッターによって拡散されました。

どうしてこんなことが起こると思いますか?その理由を次の項目で説明しましょう。

芸能人のアイキャッチ画像がなくても何故アクセスは集まるのか

芸能人のアイキャッチ画像がなくても膨大なアクセスが集まり、ツイッターで拡散されてしまう理由。

結論から言いましょう。

誰も、そのアイドルの画像を見たいと思って検索しているわけではないからです。

グーグルで検索している人も、ツイッターで情報を探している人も、知りたいことはその映画に関する情報だけ。画像は他でいくらでも見ることができるので不要なわけです。

グーグルで検索している人や、ツイッターで情報を探している人が、一体、何が知りたいのか。どのような情報が欲しいのか。

ここさえ分かれば画像など必要ありません。というよりも、ここが分からないから、画像が必要だという勘違いをしてしまうのです。

グーグルで検索している人や、ツイッターで情報を探している人が知りたいことを見抜く力。それは空気を読む力と言い換えることができます。

トレンドブログで成功したいのなら、検索キーワード選定スキルよりも、空気を読むスキルを磨くことを強くオススメします。

迷信と因習に束縛されている不自由なトレンドブログをいつまで続けるつもり?

法律やモラル、大人としての社会常識の無知の闇。芸能人のアイキャッチ画像がアクセスを集めるという迷信の闇。

トレンドブログで100万円以上を安定して稼ぎ続けながらも、私はトレンドブログという手法に限界を感じざるを得ませんでした。

こんなことを続けていても何のスキルも身につかない。このままでは自分が腐ってしまう。こんなことを人様に教えるべきではない。

そう考えた私はトレンドブログから完全撤退を決意。撤退した翌月から資産ブログに切り替えましたが、資産ブログに切り替えたその月から収入はさらに伸びました。

この記事を書いた私と出会ったあなた!そろそろ歩むべき道を変える時ではありませんか?

もし資産ブログに興味をお持ちなら私のメルマガに登録して、資産ブログの基礎を学べる90本の無料動画セミナーを手に入れてください。

1枚の画像素材とグーグルマップだけで毎日1万PVを集め続けた記事を見たくないですか?

また、私のメルマガの中でご紹介しているワークに真面目に取り組んだ方には、あるプレゼントを用意しています。

そのプレゼントとは、私が資産ブログに切り替えるきっかけにもなった、毎日1万PVを3ヶ月継続して集めることに成功した記事です。この記事をお見せします。

その記事は今もなお、わずかながらアクセスを集め続けています。

ちなみに記事は、とある有名なアニメ作品の記事なのですが、この記事についても、アニメのキャプチャ画像は一切なし。

画像素材とグーグルマップしか使っていません。

ただし、メルマガでご紹介しているワークに真面目に取り組んだ人にしかプレゼントしませんのでくれぐれもご注意ください。