アドセンス審査

3分で完成!アドセンス審査用プライバシーポリシー&免責事項の雛形

この記事には下記のことが掲載されています!

  • Googleアドセンス審査用プライバシーポリシーと免責事項の雛形
  • 内閣総理大臣所轄・個人情報保護委員会が推奨するポリシー設置場所
  • Googleアドセンス審査用プライバシーポリシーと免責事項の基礎知識

法務実務の経験を生かしてどこよりも充実したプライバシーポリシーの雛形をつくりました!

この記事を書いている波多野は次のような実績を持っています!

  • 副業でブログを始めて半年で月収100万円
  • アドセンスだけで通算1億円以上の収益
  • ビジネスの法律リスク関連の実務経験がある
このページの目次
  1. googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページを完成させる3ステップ
  2. googleアドセンス審査用プライバシーポリシー雛形(テンプレート)はこちら
  3. googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページの作り方
  4. googleアドセンス審査用プライバシーポリシーを設置して完了
  5. googleアドセンス審査用プライバシーポリシーと免責事項の基礎知識を学習する
  6. googleアドセンス審査用プライバシーポリシーと免責事項の各項目の基礎知識を学習する
  7. 【最後に】googleアドセンス審査に合格するための55のコツ

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページを完成させる3ステップ

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページは、次の3ステップでを完成できます!

【STEP1】googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページの雛形をコピペ

まずはじめに、googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページの雛形(テンプレート)をワードかテキストファイルにコピペしてください。

そして日付や運営者名の書き換えを行ってください。

【STEP2】googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページを投稿する

STEP1で書き換え済みの雛形(テンプレート)を、ワードプレスの投稿画面にペースト。記事タイトルとURLもコピペ素材をワードプレスの投稿画面にペーストして投稿

【STEP3】googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページを設置する

投稿を完了したgoogleアドセンス審査用プライバシーポリシーのページをブログのサイドバーまたはフッター(最下部)に設置したら、すべて完了です。

【完成後に必須】プライバシーポリシーと免責事項の基本を理解する

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページの設置が終わったら、免責事項の基本を学習してください。

知識があいまいなままでは、ブログ運営の中で思いがけないトラブルに巻き込まれてしまいますよ!

例えば、こんなトラブルです▼▼▼

googleアドセンス審査用プライバシーポリシー雛形(テンプレート)はこちら

以下の赤い枠の中がgoogleアドセンス審査用プライバシーポリシー雛形(テンプレート)です。

これをすべてコピーして、ワードやテキストファイルなどにペーストしてください。

リンクや見出しの設定をしてありますので、このままコピペするだけですぐに使えます。

雛形(テンプレート)のうち赤いの部分を、あなたの名前やプライバシーポリシーのページを投稿する日付などに書き換えてください。

書き換えが必要な箇所 書き換えのポイント
運営者: お名前はハンドルネームもOKです
ブログ名: 例:ブログ屋(このブログの場合)
ブログURL: 例:https://y-hatano.com/(このブログの場合)
連絡先: メールアドレスを記入、問い合わせフォームがあれば記入不要
初出掲載日: 西暦で「年」を記入
最終改定日: 西暦で「年」を記入

【雛形】プライバシーポリシー・免責事項

<h2>当ブログの運営者情報</h2>
運営者:
ブログ名:
ブログURL:
連絡先:
<h2>当ブログのプライバシーポリシー</h2>
<h3>初出掲載日・最終改定日</h3>
初出掲載日:
最終改定日:

<h3>個人情報の利用目的</h3>
当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。

取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、これらの目的以外では利用いたしません。

<h3>個人情報の第三者への開示</h3>
当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合
・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

<h4>個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止</h4>

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

<h3>広告の配信について</h3>
当ブログでは、第三者配信の広告サービス「<a href=”https://www.google.co.jp/adsense/start/” target=”_blank”>Google Adsense グーグルアドセンス</a>」「<a href=”https://www.a8.net/” target=”_blank”>A8.net</a>」を利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。クッキーを使用することで当ブログはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「<a href=”https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja” target=”_blank”>広告 – ポリシーと規約 – Google</a>」をご覧ください。

注記)クッキー(Cookie)とは:当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報で、氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれていません。

また、当ブログは、「<a href=”https://www.amazon.co.jp/” target=”_blank”>Amazon.co.jp</a>」を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイトプログラムの参加者です。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

<h3>アクセス解析ツールについて</h3>
当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「<a href=”https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/” target=”_blank”>Googleアナリティクス</a>」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにクッキー(Cookie)を使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はクッキー(Cookie)を無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくは<a href=”https://marketingplatform.google.com/about/analytics/terms/jp/” target=”_blank”>こちら</a>をクリックしてください。

<h3>当ブログへのコメントについて</h3>
当ブログへのコメントを残す際に、IPアドレスを収集しています。これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパムや荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

なお、全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となります。あらかじめご了承ください。

なお、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
・極度にわいせつな内容を含むもの。
・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

<h3>お問い合わせフォームについて</h3>
当ブログでは、お問い合わせフォームからお問い合わせいただく際に、お名前とメールアドレス等の個人情報をご登録いただいています。

これらの個人情報は質問に対する回答を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

<h3>著作権・肖像権について</h3>
当ブログで掲載している文章や画像などにつきましては、著作権は放棄しておりません。当ブログに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。転載を希望される方は、「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

また、当ブログは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除致します。

<h3>リンクについて</h3>
当ブログは基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は不要です。ただし、当ブログに掲載されている画像への直リンクや、インラインフレームによる当ブログのコンテンツの使用はご遠慮ください。

<h2>当ブログの免責事項</h2>
当ブログは、アフィリエイトプログラムを使って商品を紹介しており、直接の販売は行っておりません。商品に関するお問い合わせは、販売店様のほうに直接ご連絡くださいますようお願い致します。当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。また、リンク先サイトの正確性や合法性、その内容について一切保証するものではありません。

当ブログに関する記事は、個人的な主観をもとに書いており、すべての人に当てはまるというものではありません。商品やサービスのご購入に関する最終的な判断はご自身の責任でお願い致します。

当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしもそれらの正確性や安全性等を保証するものではありません。誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。万が一、当ブログに掲載された内容によって発生したトラブルや損害等の一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

また、本免責事項、および当ブログに掲載しているすべての記事は、予告なしに変更・削除されることがあります。 予めご了承下さい。

<h2>当ブログのプライバシーポリシー・免責事項の変更について</h2>
当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシー及び免責事項の内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーと免責事項は常に本ページにて開示されます。

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーページの作り方

ワードやテキストファイルなどにペーストし日付やあなたの名前に書き換えた雛形(テンプレート)を、いよいよワードプレスに投稿します。

以下に示す手順にしたがって作業を進めてください。

【01】ワードプレス管理画面▶︎固定ページ▶︎新規追加

ワードプレスのダッシュボード(管理画面)、左サイドバーにある固定ページ(①)の中の新規追加(②)をクリック。

記事を書き込むスペースに、ワードやテキストファイルなどにペーストした雛形のテキストを貼り付けます。(クラシックエディタの「テキスト」にペースト)

【02】タイトルを追加

記事を書き込むところの上にあるタイトル欄に、以下の赤枠の中の文言をコピペしてください。(このまま使ってください)

プライバシーポリシー・免責事項

【03】タイトルのすぐ下にあるパーマリンクを設定

タイトルのすぐ下にある「パーマリンク」スペースに、以下の赤枠の中の文言をコピペしてください。(このまま使ってください)

コピペをしたら「パーマリンク」スペース右横にある「OK」ボタンをクリックしてください。

privacy-policy

【04】NOINDEXにチェックマーク

記事を書き込むスペースの下の方に「noindex設定」という項目があるはずです。

ここにチェックマークを入れてください。

注意)「noindex設定」はワードプレスのテーマによって表示のされ方が異なります。

【05】投稿ボタンを押してプライバシーポリシーのページの仕上げ

ワードプレスの管理画面の右サイドバーに「公開」ボタンがあります。

それをクリックして投稿は完了。

これでプライバシーポリシーのページが仕上がりました。

次に、仕上げたプライバシーポリシーのページをフッターに設置してすべて終了です。

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーを設置して完了

プライバシーポリシーのページを、ブログのサイドバーまたはフッターに設置してすべての作業が完了します。

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーを設置

サイドバーやフッターの仕様はお使いのワードプレスのテーマによって異なりますので、ここでは説明を省きます。

以下の赤枠の中の記述をうち●の部分をプライバシーポリシーページのURLにして、所定の箇所にペーストしてください。

<a href=”●”>プライバシーポリシー・免責事項</a>

内閣総理大臣所轄の「個人情報保護委員会」が推奨するプライバシーポリシー設置場所

内閣総理大臣の所轄に属する行政委員会「個人情報保護委員会」が、プライバシーポリシーのページを設置する最適な場所を以下のようにアナウンスしています。

設置場所として推奨されている「自社のホームページのトップページから 1 回程度の操作で到達できる場所」とは、簡単な言葉で言うとトップページからワンクリックで表示できる場所、と言うことです。

個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(通則編)
2 定義
2-11 「公表」

「公表」とは、広く一般に自己の意思を知らせること(不特定多数の人々が知ることができるように発表すること)をいい、公表に当たっては、事業の性質及び個人情報の取扱状況に応じ、合理的かつ適切な方法によらなければならない。
【公表に該当する事例】

  • 事例 1)自社のホームページのトップページから 1 回程度の操作で到達できる場所への掲載
  • 事例 2)自社の店舗や事務所等、顧客が訪れることが想定される場所におけるポスター等の掲示、パンフレット等の備置き・配布
  • 事例 3)(通信販売の場合)通信販売用のパンフレット・カタログ等への掲載

引用:個人情報保護法ガイドライン(通則編)

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーと免責事項の基礎知識を学習する

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーのページ設置作業を終えたら、プライバシーポリシーと免責事項の基礎知識を学習しましょう。

安心安全にブログを運営するために必ず学習してください!

プライバシーポリシーとは

googleアドセンスやアフィリエイトの広告を貼ってブログを運営すると、あなたにそのつもりがなくても、読者の個人情報やパーソナルデータが自動的に集まってしまいます。

そこで、あなたのブログが自動的に集めた読者の個人情報やパーソナルデータを、あなたがどのように取り扱うかの方針を文章にしたもの。

それがプライバシーポリシーです。

コラム:個人情報とパーソナルデータ
個人情報 氏名、住所、生年月日などから「あの人だ!」と個人が特定できる情報
パーソナルデータ 性別、おおよその年齢、おおよその居住地などの情報。個人情報もパーソナルデータの一部に含まれます。

免責事項とは

あなたのブログに表示された広告をクリックして買い物をした人から、ある日いきなり次のようなクレームが入ったら、あなたはどうしますか?

「お宅のブログの広告を経由して買ったスイーツを食べたら食中毒で入院した。責任をとってくれ!」

こんな事態を想定して、広告やアフィリエイトリンク経由で買った商品のトラブルについては責任を負いかねますよ!と告知しておくのが免責事項です。

Googleアドセンス・プログラムポリシー必須コンテンツ

Googleアドセンスのプログラムポリシーでは、以下の黄色のマーカーで強調した部分をプライバシーポリシーに必ず盛り込むように求めています。

なお、以下の内容はすべて雛形に含めています。

サイトのプライバシー ポリシーについて

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

  • Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
  • Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
  • ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

  • 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
  • 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
  • これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効にできることを知らせます。

サイト運営者様のサイトや法律は国ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません。サイトのプライバシー ポリシーを作成する際には、Network Advertising Initiative などのリソースを参考にされることをおすすめします。Cookie 使用の同意を得るための情報通知に関する詳細については、cookiechoices.org をご覧ください。
引用:Googleアドセンスのプログラムポリシー

Googleアナリティクス利用規約

Googleアナリティクスをブログに導入する場合、Googleアナリティクス利用規約「7.プライバシー」で求められている以下の黄色のマーカーで強調した部分を、プライバシーポリシーに必ず盛り込むように求めています。

また、規約の変更が随時行われるという記述があることにもご注意ください。

規約の変更内容によっては、あなたのブログのプライバシーポリシーも書き換えが必要になるからです。

なお、以下の内容はすべて雛形に含めています。

Googleアナリティクス利用規約
7. プライバシー

お客様は、Google が個人情報として使用または認識できる情報を Google に送信したり、第三者によるかかる行為を支援または許可したりしないものとします。お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、ユーザーからの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで Cookie の使用、モバイル デバイスの識別情報(Android の広告識別子、iOS の広告識別子など)、またはデータの収集に使われる類似の技術について必ず通知するものとします。また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても開示する必要があります。こうした情報を開示するには、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」のページ(www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/ または Google が随時提供するその他の URL)へのリンクを⽬立つように表示します。お客様は、本サービスに関連してユーザーのデバイス上で Cookie やその他の情報を保存、アクセスする行為が発生し、かかる行為に関する情報の提供とユーザーからの同意が必要であると法律で定められている場合には、ユーザーに明確かつ包括的な情報を提供し、同意を得るための商業上合理的な努力を払うものとします。

お客様は本サービスに含まれるプライバシー機能(オプトアウトなど)を一切回避してはなりません。お客様は、www.google.com/analytics/policies/(または Google が指定したその他の URL)に掲載される、該当するすべての Google アナリティクス ポリシー(「Google アナリティクス ポリシー」)に従うものとします。このポリシーは随時改訂されることがあります。

お客様は、Google アナリティクスと特定の Google の広告サービスの統合バージョン(「Google アナリティクスの広告向け機能」)を利用でき、その際 Google アナリティクスの広告向け機能に関するポリシー(https://support.google.com/analytics/answer/2700409?hl=ja&topic=2611283)に従うものとします。お客様が Google の広告サービスにアクセスし、これを使用する際は、当該サービスに関してお客様と Google との間に適用される規約に従うこととします。

プラットフォーム ホームを使用する場合は、https://support.google.com/marketingplatform/answer/9047313 または Google が指定したその他の URL)に掲載されるプラットフォーム ホーム追加規約(規約が改名された場合は、改名後の規約)が適用されます。この利用規約(「プラットフォーム ホーム利用規約」)は随時改訂されることがあります。
引用:Googleアナリティクス利用規約

Amazonアソシエイト

アフィリエイトのリンクを貼る場合、Amazonアソシエイト・プログラム運営規約の「10.乙がアソシエイトであることの表示」にて、プライバシーポリシーに記述する内容を以下の通り指定います。

なお、以下の内容はすべて雛形に含めています。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

「甲」とは、場合に応じてアマゾンジャパン合同会社またはその関連会社を意味します。「関連会社」は、甲を支配し、甲により支配されまたは甲と共通の支配下にあるあらゆる法人を意味します。「乙」は、加入申込者を意味します。「サイト」とは、ウェブサイトを意味します。「アマゾン・サイト」とは、Amazon.co.jpのサイトを意味します。「乙のサイト」とは、乙が保有または運営し、アマゾン・サイトにリンクするサイト、ソフトウェア・アプリケーションまたはモバイル・アプリ(以下で定義されます。)を意味します。なお、Amazonアソシエイト・プログラム参加要件に基づき明示的に承認されない限り、ソフトウェア・アプリケーションは、本プログラムに参加することはできません。

10.乙がアソシエイトであることの表示

乙は、本規約、乙によるアソシエイト・プログラム・コンテンツの使用または本プログラムへの乙の参加に関して、いかなるプレスリリースの発行その他の発表または広告もしないものとします。乙は、本規約により明示的に許可される以外に、甲と乙との関係について不実の表明や誇張(甲が慈善活動やその他の運動を支援、後援、支持または貢献しているという表明または暗示を含みます。)をせず、甲と乙またはその他のいかなる個人もしくは企業との間の関係または提携を表明したり暗示したりしないものとします。乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。甲は、この文言を適時変更することがあります。
引用:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

他のアフィリエイトサービス

他のアフィリエイトサービスでは、プライバシーポリシーに関する規約は設けられていません。(2020年11月現在)

アフィリエイトに関しては、免責事項の項目があればOKです。

【参考】このブログのプライバシーポリシーと免責事項

以下のリンク先がこのブログのプライバシーポリシーと免責事項のページです。

ただし、アドセンス用のプライバシーポリシーとは内容が異なりますのでご注意ください。

プライバシーポリシー・免責事項はたの制作所株式会社(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユ...

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーと免責事項の各項目の基礎知識を学習する

プライバシーポリシーと免責事項の各項目についても学習してください!

googleアドセンス審査用プライバシーポリシーの雛形にある項目の順番にしたがってそれぞれの項目を解説します!

初出掲載日・最終改定日

初出掲載日とは、プライバシーポリシーのページを投稿した日。

最終改定日とは、プライバシーポリシーの内容をアップデートした日です。

投稿した最初の時点では、両方とも同じ日付を記入しておいてください。

初出掲載日・最終改定日で伝えたいポイント
  • プライバシーポリシーを掲載したのはこの日ですよ!
  • プライバシーポリシーは最新版に更新されてますよ!

個人情報の利用目的

コメントやお問い合わせフォームで、お名前やメールアドレスを取得する場合があります。

その際に取得した個人情報の利用目的。

利用目的以外には個人情報を利用しないと明記します。

個人情報の利用目的で伝えたいポイント
  • 個人情報を利用する目的は明示した通りですよ!
  • 目的以外には個人情報を使わないと約束します!

個人情報の第三者への開示

実際にあった話です。

警察の捜査で求められ個人情報を開示(提供)。

しかし「個人情報の第三者への開示」の記載がプライバシーポリシーになかったため、トラブルに発展したケースがあります。

個人情報の第三者への開示で伝えたいポイント
  • 法令等への協力のために開示が必要となる場合がありますよ!
  • 登録した本人の了解があれば開示することがありますよ!

広告の配信について

Googleアドセンスの規約で求められている項目です。

ブログにGoogleアドセンスという広告が設置されていること。

広告を表示させるためにクッキー(Cookie)を使用していることを明示します。

広告の配信についてで伝えたいポイント
  • クッキーを使用して読者が興味を持つ広告を配信してますよ!
  • クッキーは読者が自分で無効にできますよ!

アクセス解析ツールについて

Googleアナリティクス利用規約で求められている項目です。

Googleアナリティクス利用規約では、難しいことがいっぱい書いてありますが、ポイントは以下の通りです。

アクセス解析ツールについてで伝えたいポイント
  • Googleアナリティクスというアクセス解析ツールを使ってますよ!
  • クッキーを使ってますよ!
  • アクセス解析ツールで個人を特定できる情報は取得していませんよ!

当ブログへのコメントについて

ワードプレスのコメント欄には、コメントを記入した人のIPアドレスを取得する機能が装備されています。

取得したIPアドレスについて下記のポイントを伝えましょう。

当ブログへのコメントについてで伝えたいポイント
  • コメント欄でIPアドレスを収集してますよ!
  • スパムや荒らしへの対応以外にはIPアドレスは使いません!

お問い合わせフォームについて

お問い合わせフォームを設置すると、お名前とメールアドレスなどの個人情報を取得することになります。

この個人情報の取り扱いについて以下のポイントを伝えます。

お問い合わせフォームについてで伝えたいポイント
  • お問い合わせフォームで名前とメールアドレスを登録してもらいますよ!
  • 名前とメールアドレスは問い合わせへの返信以外には使いません!

著作権・肖像権について

この項目の主な目的は二つあります。

ブログに掲載している文章や独自に制作した画像や動画などが、他者にパクられるのを防ぐこと。

そして、うっかりミスで他者の著作権・肖像権を侵害してしまった場合は、連絡をいただければすぐに対処しますと告知することです。

著作権・肖像権についてで伝えたいポイント
  • 文章や画像・動画の無断転載はダメですよ!
  • 著作権・肖像権を侵害してしまっていたらすぐに削除します!

リンクについて

リンクはご自由にどうぞ!と勧める一方で、やって欲しくない2つのことを明示します。

やって欲しくない2つのこととは次の通りです。

【1】画像の直リンク

あなたのブログに掲載されている画像URLを、そのままよそのサイトに掲載されてしまうというリンク手法です。

はっきり言ってこれは著作権の侵害です。

【2】インラインフレーム

別のサイトの中にフレーム(枠)をつくり、その中にあなたのブログを表示させるリンク手法です。

このリンク手法の本質は、あなたのブログのコンテンツの無断転載です。

リンクについてで伝えたいポイント
  • リンクフリーですよ!
  • 画像の直リンクはNG!
  • インラインフレームもNG!

免責事項

「免責事項とは」でお伝えした、広告やアフィリエイトリンク経由で買った商品トラブルは責任を負わないという免責。

それに加えて、ブログに掲載した内容によって生じたトラブルや損害も責任を負いかねますと告知する役割もあります。

免責事項で伝えたいポイント
  • 広告経由で購入した商品で生じた損害の責任は負いませんよ!
  • ブログの内容で生じた損害の責任も負いませんよ!

免責事項:トレンドブログ実践者への警告

トレンドアフィリエイト実践者の方!免責事項を免罪符にして、好き勝手なことを書くことはNGです。

アホなトレンドブログコンサルにそそのかされてゴミ記事ばかり書いていると、たとえ免責事項を記載していても、以下のようなトラブルに巻き込まれますよ!

当ブログのプライバシーポリシー・免責事項の変更について

法令の改正やGoogleなどの利用規約改定で、プライバシーポリシーや免責事項の内容変更が必要となる場合があります。

このブログでは、プライバシーポリシーや免責事項を最新のバージョンに保っていると明示しましょう。

当ブログのプライバシーポリシー・免責事項の変更についてで伝えたいポイント
  • このブログは法令を遵守しますよ!
  • プライバシーポリシーと免責事項は最新の状態ですよ!

【最後に】googleアドセンス審査に合格するための55のコツ

最後までお読みくださりありがとうございます。

この記事をご覧になったあなたは、これからGoogleアドセンスの審査にチャレンジするものと拝察いたします。

このブログでは、Googleアドセンスの審査に合格するコツを55個まとめた記事アドセンス審査通らない!受からない!落ちた原因と55の対策」を掲載しています。

Googleアドセンスの審査に出す前にご覧になってください。

アドセンス審査通らない!受からない!落ちた原因と55の対策 この記事は次のような人のために書いています! Googleアドセンスの審査にチャレンジしたが通らない G...

あなたがGoogleアドセンスの審査にパスできますことを心から願っています!

ブログで稼ぐために一番大切なことって何だと思いますか?

ブログのノウハウやテクニックよりも大切なこと

ブログで毎月安定した収益を稼ぐために、ノウハウやテクニックよりも大切なことって何だと思いますか?

結論から言います。

波多野
波多野
検索ユーザーが知りたいことを、誰よりもわかりやすく丁寧にブログに書くことです。
由貴さん
由貴さん
この気持ちが大切です。

しかし気持ちがあるだけでは稼げません

検索ユーザーが知りたいことを誰よりもわかりやすく記事に書こう!

あなたはそんな熱い気持ちを持っていると思います。

しかし・・・

波多野
波多野
検索キーワード選定テクニックがなければ悩める検索ユーザーと出会うことはできません。
由貴さん
由貴さん
ライティングスキルを磨かなければ、あなたの熱い気持ちは読み手に伝わりません。

あなたの気持ちを具体化するブログのノウハウやテクニック

そこで、あなたの熱い気持ちを検索ユーザーに届けられるようになるための無料動画教材をつくりました。

由貴さん
由貴さん
今なら、メルマガに登録してくださった方全員にプレゼントしています。
波多野
波多野
この機会にぜひ手に入れてください!

 




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です