アドセンス収益

Googleアドセンス広告の全種類|稼げる広告と貼る位置の基本型

由貴さん
由貴さん
この記事では次のことを学べます!

  • 稼げるGoogleアドセンス広告の種類
  • クリックされるGoogleアドセンス広告配置の基本型
  • ポリシー違反になるGoogleアドセンス広告の貼り方

この記事はサイト運営者向けの記事です。Google広告を使って自社の商品を宣伝することが目的でこの記事にたどり着いた方は下記リンクをクリックしてください。広告主向けのGoogle広告の全種類を一覧表示にしてわかりやすくお伝えしています。

Google広告全種類一覧

このページの目次
  1. Googleアドセンス広告の全種類と全体像
  2. Googleアドセンス広告全7種類|特徴と使い方
  3. 稼げる配置の基本型で使うGoogleアドセンス広告は3種類だけ
  4. Googleアドセンス広告|稼げる配置の基本型
  5. Googleアドセンス広告|稼げる配置を【守破離】で応用する
  6. Googleアドセンス広告|4種類の課金方法
  7. Googleアドセンスのポリシー(規約)違反にならないために
  8. Googleアドセンスで収益アップするために広告種類の選定や配置よりも大事なこと
  9. Google広告|全種類
  10. Google広告全8種類の概要と特徴

Googleアドセンス広告の全種類と全体像

【広告ユニット・自動広告】【レスポンシブ広告・ネイティブ広告】は種類でなく分類

Googleアドセンス広告は大きく分けて2つに分類される

Googleアドセンス広告は大きく分けて次の2つに分類されます。

広告ユニット」 と 「自動広告

大分類では、広告の配置を手動で行うか、配置をすべておまかせの自動にするかで区分けされています。

大分類名区分の基準
広告ユニット広告配置を手動で行う
自動広告広告配置を自動で行う

広告ユニットはさらに2分類される

広告の配置を手動で行う広告ユニットは、広告のデザインによってさらに次の2つに分類されます。

レスポンシブ広告」 と 「ネイティブ広告

区分けされる基準は広告のデザインにあります。

中分類名区分の基準
レスポンシブ広告一目で広告とわかるデザイン
ネイティブ広告記事の中に溶け込むデザイン

Googleアドセンスの大分類と中分類の全体像

広告配置の方法で区分けされる大分類と広告のデザインで区分けされる中分類。

Googleアドセンスの大分類と中分類の全体像は次のとおりです。

大分類
広告配置の手動/自動区分
中分類
広告のデザインの区分
広告ユニットレスポンシブ広告
ネイティブ広告
自動広告

Googleアドセンス広告は全部で7種類

Googleアドセンス広告は大分類>中分類の下に全部で7種類の広告フォーマットが用意されています。

なお、リンク広告は2021年3月に廃止のため種類のカウントから除外しています。

大分類
広告配置の手動/自動区分
中分類
広告のデザインの区分
広告の種類
広告フォーマット
広告ユニットレスポンシブ広告ディスプレイ広告
リンク広告(注1)
ネイティブ広告インフィード広告
記事内広告
関連コンテンツ
その他検索エンジン
自動広告オーバーレイ広告アンカー広告
モバイル全面広告
広告ユニット各種(注2)
(注1)リンク広告:2021年3月10日に廃止
(注2)ディスプレイ広告や記事内広告は自動広告でも配信されます

Googleアドセンス広告全7種類|特徴と使い方

Googleアドセンス広告全7種類それぞれの概要と特徴、使い方を解説します。

【1】ディスプレイ広告

概要数あるGoogleアドセンス広告の中で最も多く使われている定番の広告。
特徴スクエア、横長、縦長の3つのサイズがある。表示される端末に応じて広告レイアウトが自動調整されるレスポンシブの設定をすることで、万能の広告として活用できる。
使い方記事上、記事中、記事下。サイドバーなどで使う。

【2】インフィード広告

概要ブログのトップページの記事一覧などの中に広告が溶け込むように表示させることができるネイティブ広告。
特徴記事一覧などユーザーの視線が集まりやすい場所に違和感なく表示されるためクリック率が高い。
使い方トップページの記事一覧、サイドバーの人気記事一覧などで使う。

【3】記事内広告

概要記事本文の中に自然に溶け込むように表示させることができるネイティブ広告。
特徴広告への視覚的な違和感が解消されているため、記事の中に複数配置してもストレスがあまりない。
使い方記事中の見出しの上などに使う。

【4】関連コンテンツ

概要記事下の関連記事一覧などの中に自然に溶け込むように表示させることができるネイティブ広告。使用するには一定の条件を満たす必要がある。
参考:関連コンテンツ ユニットのご利用要件
特徴通常はトレードオフの関係にある滞在時間と広告のクリック率の双方を改善することができる画期的な広告。
使い方記事下の関連記事の中などに使う。

【5】検索エンジン

概要サイト内の記事を検索する検索窓として設置し、サイト内検索結果に広告が表示される。
特徴他の広告とは異なる広告主の広告が表示されることが多い。
使い方サイト内検索結果の大部分を広告が占めており、ユーザビリティを著しく損なうため推奨できない。

【6】アンカー広告(自動広告のみ)

概要オーバーレイ広告の一つ。表示画面の上部または下部に、サイトに覆いかぶさるようにして広告が表示される。
特徴画面をスクロールしても広告が常に表示されているため、広告の視認性が高い。
使い方ユーザーの多くがアンカー広告などのオーバーレイ広告を「不快」と感じているため、使用には注意が必要。
参考:インターネット広告に関するアンケート調査

【7】モバイル全画面広告(自動広告のみ)

概要オーバーレイ広告の一つでモバイル限定。画面全体に覆いかぶさるようにして広告が表示される。
特徴画面全体が広告表示となるため、広告の視認性が極めて高い。
使い方ユーザーの多くがモバイル全画面広告などのオーバーレイ広告を「不快」と感じているため、使用には注意が必要。
参考:インターネット広告に関するアンケート調査

【除外】リンク広告

概要2021年3月10日に廃止
特徴①ブログ内のコンテンツの関連キーワードへのテキストリンク>②広告へのリンク、と二度のクリックが求められることで誤クリックを防ぐ効果がある。
使い方記事タイトル下に設置することで高いパフォーマンスを発揮していた。

稼げる配置の基本型で使うGoogleアドセンス広告は3種類だけ

7種類も広告があるとどれを選んだら良いのか迷ってしまうかもしれません。

その点は安心してください。

これからご紹介する「稼げる広告配置の基本型」では、Googleアドセンス広告は3種類しか使いません。

稼げる配置の基本型で使う3種類のGoogleアドセンス広告

「稼げる広告配置の基本型」で採用するGoogleアドセンス広告は以下の一覧表の中で赤い文字で示した3種類です。

大分類
広告配置の手動/自動区分
中分類
広告のデザインの区分
広告の種類
広告フォーマット
広告ユニットレスポンシブ広告①ディスプレイ広告
ネイティブ広告②インフィード広告
③記事内広告

①ディスプレイ広告

②インフィード広告

③記事内広告

Googleアドセンス広告|稼げる配置の基本型

この章では3種類のGoogleアドセンス広告を使った稼げる広告配置の基本型をお伝えします。

【スマホ画面】Googleアドセンス広告の配置の基本型

スマホ画面での稼げる広告配置の基本型はご覧のとおりです。

スマホ画面上でのユーザーの視線と心理の動きを理解しよう

画面幅が狭く左右にサイドバーが表示されないスマホ画面でブログを読むユーザーは、左右のサイドバーに注意を引かれることなく記事に集中する心理が働きます。

そのためユーザーの視線は上から下まで一直線に進みます。

記事を完読するユーザーは5%程度しかいないことを理解しよう

ユーザーの95%は記事を途中で読むのをやめてしまいます。

そのため、記事の上部に広告が設置されていなければ、広告が表示されることもクリックされることもありません。

また、記事の上部と下部では、広告収益にも大きな差が生じます。

スマホでブログを読むユーザーが80%近くにのぼる昨今、記事上部に広告を設置することは極めて重要です。

【パソコン画面】Googleアドセンス広告の配置の基本型

パソコン画面での稼げる広告配置の基本型はご覧のとおりです。

パソコン画面上でのユーザーの視線と心理の動きを理解しよう

パソコン画面でブログを読んでいるユーザーの視線は「Z」または「F」の字を描きながら移動します。

そして、視線の折り返し地点または終点に注目するという心理が働きます。

【スマホ&パソコン】Googleアドセンス広告の配置を理解する

Googleアドセンス広告の配置場所それぞれの狙いを理解しましょう。

【スマホ&パソコン共通】目次の上

広告表示回数が最も多くなるのが記事の最上部に当たる目次の上です。

コンテンツによってはリード文に余計な前置きを一切書かず、ユーザーの知りたいことを簡潔に伝えることで目次の上の広告のクリック率をアップさせることができます。

【スマホ&パソコン共通】記事中

ユーザーの大半が記事を最後まで読まずに離脱してしまいます。

離脱するユーザーに対してブログからの出口を提供する意味合いで記事中に広告を配置しましょう。

設置場所は、各見出し(H2タグ)の上です。

【スマホ&パソコン共通】最後の見出しの上

最後の見出しの文章は読む価値がない場合が多いため、大半のユーザーは最後の見出しの前で記事を読むのをやめてしまいます。

その場所に広告を配置することで、記事を読み終えたユーザーに対してブログからの出口を提供します。

【スマホ&パソコン共通】記事下

記事を完読したユーザーは次の行動を考え始めています。

このタイミングは広告のクリック率がとても高くなるタイミングです。

そこで記事下に広告を配置します。

【パソコン限定】サイドバー上部

「Z」または「F」の字を描きながら移動するユーザーの視線の折り返し地点、または終点が右側サイドバー上部に当たります。

よって、この位置に広告を配置します。

画面に向かって左側にサイドバーを設置している場合も、サイドバー上部に広告を配置してください。

左側サイドバー最上部は、「Z」または「F」の視線移動のスタート地点であり、最初に視点が注がれる場所に当たるため、高いクリック率が期待できます。

【スマホ&パソコン共通】トップページ

ブログのトップページのデザインのパターンは無数に存在すること。

ユーザーの大半は記事ページの中にある広告をクリックすること。

これらの理由からトップページ用の稼げる広告配置の基本型というものはありません。

トップページは、最新記事一覧の中にインフィード広告が表示される設定を行なってください。

Googleアドセンス広告|稼げる配置を【守破離】で応用する

ブログのコンテンツやデザインによって、クリックされる広告の種類や配置は異なります。

絶対と言えるGoogleアドセンス広告の種類や配置は存在しません。

そこで、茶道や武道の修行の過程をあらわす「守破離(しゅはり)」という考え方に沿って、あなた独自の広告の種類と配置を創出してください。

茶道武道の守破離ブログの守破離
決められた型を守りながら、基本の稽古を繰り返す。この記事で紹介した稼げる広告の種類と配置の基本型を守る。
身につけた基本に忠実でありながらも、少しづつ型を破る。関連コンテンツ広告の導入や、広告掲載数を増やすなどして改善を重ねる。
型から離れて、独自のスタイルを生み出す。自動広告を導入し、独自の収益最大化モデルを目指す。

【守】稼げる広告の種類と配置の基本型を守る

まずは、この記事でご紹介した基本型をあなたのブログに再現。

記事数とページビューのアップに注力しましょう。

記事数とページビューが一定数を超えると「関連コンテンツ」という広告を使えるようになります。

【守】のプロセスで目指すところは「関連コンテンツ」が使える状態です。

【破】広告掲載数を増やして改善を重ねる

「関連コンテンツ」を使えるようになったら【破】のプロセスです。

「関連コンテンツ」の導入に加えて、広告の掲載数も増やして、これ以上改善の余地がない!というところまで改善を繰り返してください。

【離】独自の収益最大化モデルを目指し続ける

これ以上改善の余地がない!というところに到達したら【離】のプロセスです。

ここで初めて自動広告を導入しましょう。

そして自動広告のPDCAを繰り返し、あなた独自の収益最大化モデルを完成させてください。

【参考動画】自動広告の始め方

Googleアドセンス広告|4種類の課金方法

Googleアドセンス広告といえばクリック課金型広告とみなされがちですが、実はクリック課金の他に3種類の課金方法が存在します。

【1】クリック課金

1回クリックされる度に課金されます。

Googleアドセンス広告から得られる報酬の大部分はクリック課金によるものです。

クリック1回あたりの平均単価は15円から30円ほどです。

ただしクリック単価はブログのジャンルや季節によって変動します。

【2】インプレッション課金

広告が1,000回表示される度に課金されます。

アドセンス管理画面に「インプレッション報酬1円」などと表示されていることがありますが、これがインプレッション課金による報酬です。

【3】アクティブビューのインプレッション課金

広告の50%が最低1秒間画面に表示された場合にだけ課金されます。

微々たる金額しか発生しないため、特段気にする必要はありません。

【4】エンゲージメント課金

インタラクティブ性のあるライトボックス広告に対してユーザーが関心を示し、広告に2秒間カーソルを合わせた場合などに課金されます。

アクティブビューのインプレッション同様、特段気にする必要はありません。

Googleアドセンスのポリシー(規約)違反にならないために

Googleアドセンス広告の稼げる配置を完成させても、ポリシー違反で広告の配信を止められてしまっては身もフタもありません。

Googleアドセンスには種々のポリシー(規約)が定められています。

ルール=ポリシー(規約)は必ず把握しておきましょう。

知らなかった!では済まされません。

Googleアドセンス広告を貼る枚数と条件

Googleアドセンス広告を貼る枚数の上限に関して具体的な数値は示されていません。

しかし、以下の2つの条件を満たすことがブログ運営者に求められています。

広告が配信するページのコンテンツよりも多くならないこと
記事コンテンツが価値ある情報を提供していること

広告が配信するページのコンテンツよりも多くならないこと

記事ページの場合、記事の文字数1000字につき広告1箇所を配置。

これが無難な広告数かと思われます。

記事コンテンツが価値ある情報を提供していること

Googleは「価値ある情報」の意味を「良質なサイト」や「質の高いサイト」という言葉を用いて説明しています。

Googleが考える「良質なサイト」や「質の高いサイト」の本質を正しく理解し、「価値ある情報」の提供を心がけてください。

よくあるポリシー(規約)違反事例

NGコンテンツをブログに書いてしまうパターン

Googleアドセンスのポリシー(規約)では、禁止または制限されているコンテンツが数多く定められています。

ポリシー(規約)を熟読し、ブログに書いてはいけないことを把握しておきましょう。

広告配置に関するNG行為で違反になるパターン

Googleアドセンスのポリシー(規約)には、広告配置に関するルールも定められています。

広告配置に関するポリシー(規約)違反でよくある事例は次のとおりです。

スポンサーリンクの表記忘れ

誤解を招く誘導表記

広告がファーストビューを占有

画像と広告の並列掲載

過剰な広告配置

Googleアドセンスで収益アップするために広告種類の選定や配置よりも大事なこと

収益アップのために広告種類の選定や配置よりも大事なこと。

それは、ページビューを増やすことです。

広告種類の選定や配置にどれほど工夫を重ねても収益を大きくアップさせることはできません。

収益アップの決め手はページビュー、この一点です。

そこでページビューを伸ばすために必要なすべてが学べる無料動画教材をプレゼントします。

私のメルマガに登録してくださった方全員にプレゼントしていますので、この機会に手に入れてください!

Google広告|全種類

Google広告とGoogleアドセンス広告の違いとは

Google広告とGoogleアドセンス広告はまったくの別物です。

両者の違いは以下のとおりです。

Google広告Googleアドセンス広告
広告を使って自社の商品やサービスの宣伝活動を行いたい広告主向けのサービス。スポンサー収入によって収益化を行いたいウェブサイト運営者向けのサービス。

Google広告全種類一覧

Google広告全種類を、

  1. 広告の種類からの視点
  2. 広告の目的からの視点

上記の二つの視点で整理し一覧表にまとめました。

種類別一覧:Google広告の種類と最適な使い方

広告の種類広告の目的
検索販売促進、見込み顧客の獲得、ウェブサイトのトラフィック、
ディスプレイ販売促進、見込み顧客の獲得、ウェブサイトのトラフィック、商品やブランドの比較検討、ブランド認知度とリーチ
ショッピング販売促進、見込み顧客の獲得、ウェブサイトのトラフィック、
動画販売促進、見込み顧客の獲得、ウェブサイトのトラフィック、商品やブランドの比較検討、ブランド認知度とリーチ
アプリアプリのプロモーション
スマート販売促進、見込み顧客の獲得、
ローカル来店数と店舗売上の向上
ファインド販売促進、見込み顧客の獲得、ウェブサイトのトラフィック、

目的別一覧:目的に応じたGoogle広告の種類選定

広告の目的最適な広告の種類
販売促進検索 • ディスプレイ • ショッピング • 動画 • スマート • ファインド
見込み顧客の獲得検索 • ディスプレイ • ショッピング • 動画 • スマート • ファインド
ウェブサイトのトラフィック検索 • ディスプレイ • ショッピング • 動画 • ファインド
商品やブランドの比較検討ディスプレイ • 動画
ブランド認知度とリーチディスプレイ • 動画
アプリのプロモーションアプリ
来店数と店舗売上の向上ローカル

Google広告全8種類の概要と特徴

Google広告全8種類の概要と特徴を以下にまとめました。

【1】検索

概要検索結果にテキスト広告が表示されます。
特徴商品やサービスへの関心が高い検索ユーザーがターゲットになっているため高コンバージョンが期待できます。

【2】ディスプレイ

概要ウェブサイトなどにバナー広告が表示されます。
特徴検索広告よりも幅広いターゲットに対して広告を配信することができます。

【3】ショッピング

概要Google検索トップページの「ショッピング」をクリックした先のページに広告が表示されます。
特徴商品そのものに深い関心を持っているユーザーがターゲットなので購買に繋がりやすい広告です。

【4】動画

概要YouTube動画に表示される広告です。
特徴ユーザーが急増しているYouTubeに広告を表示させることで、より広いターゲットに商品やブランドを認知させることができます。

【5】アプリ

概要検索結果、YouTube、GooglePlayなどに表示される広告です。
特徴アプリのインストール促進に特化しています。

【6】スマート

概要検索結果、そしてウェブ全体で表示される広告です。
特徴テキスト、画像、ロゴなどの広告クリエイティブ。入札、ターゲティングなど広告運用。これらすべてを自動化できるGoogleの技術の粋を集めた広告です。

【7】ローカル

概要Google検索やGoogleマップなどに表示される広告です。
特徴実店舗への集客効果の高さが他の広告にはない特徴です。

【8】ファインド

概要Googleアプリ「YouTube」「Gmail」「Discover」などに表示される広告です。
特徴ブランドの認知度アップへの貢献が期待できます。

ブログで稼ぐために一番大切なことって何だと思いますか?

ブログのノウハウやテクニックよりも大切なこと

ブログで毎月安定した収益を稼ぐために、ノウハウやテクニックよりも大切なことって何だと思いますか?

結論から言います。

波多野
波多野
検索ユーザーが知りたいことを、誰よりもわかりやすく丁寧にブログに書くことです。
由貴さん
由貴さん
この気持ちが大切です。

しかし気持ちがあるだけでは稼げません

検索ユーザーが知りたいことを誰よりもわかりやすく記事に書こう!

あなたはそんな熱い気持ちを持っていると思います。

しかし・・・

波多野
波多野
検索キーワード選定テクニックがなければ悩める検索ユーザーと出会うことはできません。
由貴さん
由貴さん
ライティングスキルを磨かなければ、あなたの熱い気持ちは読み手に伝わりません。

あなたの気持ちを具体化するブログのノウハウやテクニック

そこで、あなたの熱い気持ちを検索ユーザーに届けられるようになるための無料動画教材をつくりました。

由貴さん
由貴さん
今なら、メルマガに登録してくださった方全員にプレゼントしています。
波多野
波多野
この機会にぜひ手に入れてください!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です