当ブログをご覧くださりありがとうございます。資産ブログ構築の専門家・波多野義親(はたのよ しちか)と申します。

私は、ブログによって広告収入を生み出すアドセンスブログ。そして自分のビジネスのお客様(見込み客)を集める集客ブログ。

これらアドセンスブログや集客ブログなど、資産ブログを構築するコンサルタント活動を行っています。

以下に簡単な自己紹介をさせて頂きます。

資産ブログの実績


私が資産ブログに取り組み始めたのは2013年5月です。初めて手がけた資産ブログはグーグルアドセンスと呼ばれるオンライン広告で収益を得るブログでした。

有名ブロガーのブログが月間100万~300万ページビューと言われる中、私は月間1000万ページビューを何回も経験。4年半で通算5億ページビューという記録をつくることに成功しました。

以下はその証拠画像です。
(通算ページビューが5億を超えたのはこのブログではありません。当該資産ブログのURLは諸契約により非公開としています。ご容赦ください)

近年の、スマホの普及にともない急増した「大人のネットユーザー」を満足させる上質なコンテンツが、ブログ成功の要因であると考えています。

また、資産ブログのページビュー実績やグーグルアドセンスの報酬実績が評価され、これまで幾度となく六本木にあるグーグル本社にもお招きいただきました。

以下の写真は、東京六本木にあるグーグル本社の社員食堂で撮影したものです。グーグル本社を訪問した際、ビュッフェスタイルの社員食堂でランチをご馳走になりました。

IMG_0393

昭和40年(1965年)生まれのバブル世代


昭和40年(1965年)サザンオールスターズで有名な神奈川県茅ヶ崎市で生まれました。

二つの私立大学を中退後、アメリカ合衆国では誰もが知っている企業に就職。

バブルの真っ只中だったその当時、北米では非常に有名な企業に簡単に就職することが出来ました。そして、経理畑一筋のサラリーマン人生が始まりました。

副業を開始した動機は「老後破算」「下流老人」への恐怖


バブルのぬるま湯の中で育ち将来への危機感など皆無だった私に転機が訪れたのは、私が40歳になって数ヶ月経った2006年のことです。

その頃、人事部に配属されていた私は、会社の退職金規定と給与規定、そして年金制度の諸データから60歳の定年退職後の暮らしをシミュレーションするワークシートを開発。

完成したばかりのそのワークシートに早速、自分自身のデータを入力した次の瞬間、私は顔面蒼白になりました。

2015年に「老後破算」「下流老人」という言葉が流行しましたが、その9年前には、私はそのリスクに気づかされたのです。

焦った私は、老後のサバイバル情報を集めまくったものです。

そして種々の調査の結果、60歳以降の安心を手に入れるためにも自分のビジネスを持とうと一念発起。

そして、目先の収入を増やすためではなく、将来、自分が自分のビジネスを持つための訓練を目的として副業を開始しました。

様々な副業の経験を経てブログと出会う


はじめて手がけた副業は、古物免許を取得して行った美術品の転売。そして、16から17世紀のヨーロッパのアンティークの輸入でした。

美術が好きだったこともあり、美術品やアンティークの販売は軌道に乗り、月々の粗利益も会社の皿ローを超える額にまで成長。

しかし、商品発送や顧客対応などの一切を任せていた家内が病気になり、美術品やアンティークの販売を継続することが困難な事態におちいりました。

2013年のことです。

そんな中、私一人で完結できるビジネスを模索。出会ったのが、広告収入を得ることを目的としてブログメディアビジネスでした。

閑職に飛ばされる一方で資産ブログの構築に成功


2013年に一から始めた資産ブログは、半年あまりで会社のサラリーの数倍の広告収入を生み出してくれました。

ちょうどその頃、私の勤め先だった会社が他社に買収されました。

ある会社が他社に買収される時、真っ先に自分のポジションを失うのは総務や経理、人事などの間接部門に籍を置く者です。

経理マンだった私もその例外ではなく、閑職に左遷。

高校生アルバイトでも十分にこなせるような単純作業が続く日々の中、私はストレスから健康を損なってしまいました。

しかし、そんな私を窮地から救ってくれたのが資産ブログでした。

健康を著しく損なった私は退社を余儀なくされたものの、すでに別の収入の柱の構築を完成していた私は安心して独立を果たすことが出来ました。2014年のことでした。

資産ブログによって取り戻した人生の主導権


資産ブログによって、私は将来への経済的安心を得ることが出来ましたが、資産ブログで得たことはそれだけではありません。

資産ブログで手にした最大の価値、それは人生の主導権を自分の手に取り戻せたことです。

私は高校生時代、映画の仕事に携わりたいという夢がありました。

両親の猛反対に遭い、その夢を一度は断念した私でしたが、思わぬ形でその夢に再び近づくことが出来ました。

ささやかな額ではありますが映画への出資に参加することが出来たのです。

病気で会社を辞めるという最悪な選択を余儀なくされた私でしたが、無数の人から喜ばれながら大金を稼げる天職とめぐり合い、忘れかけていた夢まで叶えることができました。

この喜びを一人でも多くの方に体験していただきたい。

そんな思いから、正統派の資産ブログの構築法をお伝えする、このブログを『ブログ屋』をはじめることにしました。

価値ある情報を提供することで社会に貢献でき、大きな金銭的なリターンも得られ、そして、夢まで叶えることができる資産ブログ。

私と一緒につくってみませんか?

波多野義親

はたの制作所株式会社 代表取締役
資産ブログ構築の専門家