この記事では次のことをお伝えしています。

  • トレンドアフィリで慰謝料200万円を請求された実話
  • トレンドアフィリの定番ノウハウ速報記事が違法
  • 無知なトレンドアフィリエイトコンサルの指導内容

トレンドアフィリエイトそのものは違法ではありません。しかし、法律や社会常識をわきまえないで実践すると思わぬ落とし穴にハマってしまいます。

後になって後悔しないためにも、この記事で大人のマナーを学んでください。

この記事を書いている波多野は次のような実績を持っています!

  • アドセンスだけで通算1億円以上の収益
  • 某企業のコンプライアンス(法律遵守)委員長を歴任

速報記事を書いて慰謝料を200万円も請求された実話

以下にご紹介するのは、この記事を書いた波多野が実際に相談を受けた案件です。

慰謝料200万円の支払いを請求する通知書が届く


ある日、私が実際に相談を受けた相談者の方のもとに次のような1通の通知書が届きました。その通知書の末尾には次のように記されていました。


ついては、通知人は貴殿に対して、慰謝料200万円の支払いを請求しますので、本書到達後2週間以内に、●●銀行●●支店、口座名義●●、口座番号●●に振込送金にてお支払いください(送金手数料はご負担下さい)。

トレンドアフィリエイトのコンサルの指導通りに実践


この相談者はトレンドアフィリエイトをコンサルの指導を受けながら実践していました。

もっとも成果を出しやすいノウハウとしてコンサルの多くが好んで指導する、トレンドに上がった個人を特定する速報記事を書いたのです。

この相談者はコンサルの指導に忠実にしたがって執筆しました。

その結果、この相談者の記事は検索結果の上位表示に成功しました。それからほどなくして、この通知書が相談者のもとに送られてきたのです。


冠省 当職は、先般、貴殿のインターネットのウェうサイト上への記事投稿に関し、通知人●●(以下「通知人」といいます)から貴殿に対する損害賠償請求の委任を受けた弁護士です。
貴殿は、●●と題するサイト(http:●●)において、平成●●年●●月●●日、「●●顔画像や年齢は?●●」と題する記事(http:●●)を掲載しました。

この通知書に記載されている

 
「●●顔画像や年齢は?●●」と題する記事(http:●●)

 

の箇所が、当該トレンドブログを指しています。

速報記事のどのようなノウハウが違法とされたのか?


「記事(http:●●)を掲載しました」という、トレンドアフィリエイト実践者あるあるのタイトルが付けられた記事の違法とされた点は次のとおりです。


本件記事は、通知人の名誉権、肖像権、プライバシー権を侵害しています。
しかるに、通知人は、本件記事に取り上げられている●●やりとりは身に覚えがなく、●●もしていませんが、その事実の存否以前に、そもそも、犯罪者でもなければ、●●になりますました●●とやりとりもしていない人物について、その素性を晒すことを目的に、通知人の実名、属性、肖像等を掲載することには、公共性、公益性も認められません。したがって、本件記事には上記各権利侵害の違法性阻却事由もありません。
通知人は、炎上状態になった本件記事を含む一連の誹謗中傷記事により、極めて強い精神的ショックから、急性ストレス障害を発症したため、実家に転居して療養性格を余儀なくされています。

「実名、属性、肖像等を掲載」することは、トレンドアフィリエイトの定番のノウハウです。

トレンドアフィリエイト実践者はこのノウハウを普通に使っていますが、世間一般のこのノウハウに対する認識は次のようなものなのです。

「公共性、公益性も認められません」
「各権利侵害の違法性阻却事由もありません(正当化できる要素が一切ないこと)

これが大人のルールというものです。

違法なトレンドアフィリノウハウを指導するコンサルの実態


トレンドアフィリエイトのコンサルの中には違法行為を違法と理解できない無知な者が大勢います。そんなコンサルの指導内容を、実際に相談を受けた案件よりご紹介します。

無知なコンサルの違法なノウハウの指導に引っかからないよう注意してくださいね。

京アニ事件をネタにして稼いだ額を競い合わせるコンサル


令和元年(2019年)に発生した「京都アニメーション放火殺人事件」を覚えておいででしょうか。

この凄惨な事件を稼ぐネタにするようトレンドアフィリエイトのコンサルから指導を受けたという方から相談を受けたことがあります。

そのトレンドアフィリエイトのコンサルは、数十名からなるコミュニティを主宰。

そのコミュニティーのメンバーたちを焚きつけ「京都アニメーション放火殺人事件」をネタにした収益化を競い合っていたとのことでした。

稼ぐことが正義になると、人は本来の善悪の価値観を見失ってしまいます。くれぐれもご注意ください。

稼げるネタとして「コロナ感染者情報」をシェアするコンサル


別の相談者のコンサルコミュニティでは稼げるネタをシェアしてくれるのだとか。

ここまで聞くと「有益な情報」を提供してくれる良心的なコンサルのようにも見えますが、シェアする情報がとんでもないものでした。

新型コロナウイルス感染者の個人名を真偽はともかく暴露するネタを始め、ネガティブなものばかり。

コンサルコミュニティの多くは違法なトレンドアフィリノウハウの温床と化しています。

社会常識が欠落したコンサルは自己責任という詭弁を弄して自ら責任を取ろうとはしません。

著作権侵害は万引きであることが理解できない低知能コンサル

3つ目の事例は私自身が実際に見聞した例です。

芸能人の画像は、その人を応援する目的での利用であれば問題ない。

そこまで言い切ったコンサルがいました。しかもそのコンサルは名前の通った売れっ子コンサルです。

こんな理屈、通りませんよ。

また、生活が苦しければ著作権の侵害は正当化されるとまで言い切った馬鹿すぎるコンサルを見たこともあります。

著作権の侵害とは万引きです。

生活が苦しければコンビニで万引きしても正当化されるのでしょうか?そんなことはあり得ないのは言をまちません。

トレンドアフィリ実践に当たって違法な手法に手を染めぬよう注意したいこと

著作権法の最低限の知識を身につけておこう

法律は知らなかったでは済まされません。

法律を正しく理解した上でビジネスを行う。それが大人のマナーです。大人のマナーがない子供はビジネスに手を出してはいけません。

著作権法の基本は以下の著書で学ぶことができます。

コンサルを受ける際の注意点

コンサルを受ける際は、コンプライアンス(法律遵守)のガイドラインの有無をしっかりと確認してください。

コンプライアンスという単語を知らないコンサルは失格です。話になりません。

また、あなた自身が違法な手法に手を染めなくても、違法な手法を実践しているコミュニティに所属しただけであなたの評判は地に落ちます。

コンプライアンス(法律遵守)のガイドラインの有無を確認する。
コンプライアンスを知らないコンサルはあなたを不幸にします。

トレンドアフィリエイトをやめるという選択肢

どうしても不安な場合、違法になるリスクが生じやすいトレンドアフィリエイトそのものをやめるという選択肢もあります。

資産型のブログを教えているコンサルであればまず間違いはないでしょう。

ちなみに私はトレンドブログは一切教えず資産型の特化ブログだけを教えています。もしご興味のある方、まずは私のメルマガに登録してみてください。