この記事では次のことが学べます!

  • ネタ探しをしないでネタを集める裏技
  • ライバルに圧勝する記事の書き方
  • トレンドブログを超えるブログノウハウ

私は実際にこの禁断のネタ選定法で毎月1000万PVを集め続けるブログを構築しました。

この記事を書いている波多野は次のような実績を持っています!

  • トレンドブログを始め半年で月収100万円
  • たった一つのブログで5億ページビュー
  • 特化ブログだけで通算1億円以上の収益

ネタ探しの時間を短縮!トレンドアフィリエイトのネタ選定法の概要

私は毎月1000万PVを集め続ける巨大ブログを構築することに成功しましたが、最初の3ヶ月は毎月300PVしか集めることができませんでした。300万ではなく300です。トレンドアフィリエイトの落ちこぼれでした。

しかし低迷を続けていたその2ヶ月後には間500万PVを達成。わずか2ヶ月で300PVを500万PVにまで飛躍させることができました。この飛躍の2ヶ月の間に行った施策。それが、これからあなたにお伝えするネタ選定法です。

この記事でご紹介するネタ選定法は、

【第一部】ネタを選定するプロセス
【1】ライバルブログを最低100サイト収集する
【2】2つの方法でライバルのネタを収集する
【3】所定の条件を満たしたネタを選定する
【第二部】記事の差別化を行うプロセス
【1】増やすべきは記事の文字量ではなく情報量
【2】結論から斬り込んでゆく導入文(イントロ)
【3】記事の情報が一瞬で伝わるタイトルづくり

以上の要素から成り立っています。

多くのトレンドアフィリエイト実践者がネタ選定に最大の時間を費やしているのに対して、私の手法ではネタ選定の時間は可能な限り圧縮します。そして、生み出した時間を記事の差別化に費やすことで、他の追随を許さぬ上質な記事で勝負するのがこの手法の要諦です。

【第一部】トレンドアフィリエイトのネタ選定3つのステップ

このネタ選定法の第一部に当たるネタ選定のプロセスは以下の3つのステップから構成されています。

【1】ライバルブログを最低100サイト収集する
【2】2つの方法でライバルのネタを収集する
【3】所定の条件を満たしたネタを選定する

3つのステップをご覧になれば一目瞭然。このネタ選定術は誰かが探し出したネタのうち、アクセスの集まったものだけをチョイスする手法です。これら3つのステップを、順を追って詳しく解説します。

【1】ライバルブログを最低100サイト収集する

従来通りのやり方でトレンド記事を書く際のライバルチェックの作業の中で、ライバルブログを100サイトを集めてブックマークしてください。

ブックマークする対象ブログは、下記する3つの条件すべてを満たすブログです。なお、100サイトを集めるまでは従来通りのネタ探しをしながら記事執筆を進めてください。

ブックマークする100サイト:3つの条件
①ブログ運営開始から6ヶ月未満のもの
②人気記事ランキングが表示されている
③検索結果の5位以内に表示されたもの

ブックマークする100サイト:3つの条件とは

①ブログ運営開始から6ヶ月未満のもの
ブログの運営期間か初回投稿の記事の日付を確認すればすぐにわかります。日付が非表示のブログはブックマークの対象外にしてください。
②人気記事ランキングが表示されている
サイドバー等に人気記事ランキングが表示されていることが必須です。人気記事ランキングが表示されていなければ迷わずブックマークの対象外にしてください。
③検索結果の5位以内に表示されたもの
従来通りのやり方でトレンド記事を書く際のライバルチェックを行う中で、検索結果の5位以内に表示されたブログだけをブックマークしてください。6位以下は対象外です。

【2】2つの方法でライバルのネタを収集する

ライバルブログを100サイト集めてブックマークする作業が完了したら、いよいよライバルブログのネタを収集するステップに入ります。

収集には2つの方法を用います。1つはかなりベタなやり方、目視です。そして、もう1つはツールを使います。必ず両方とも実践してください。

ネタを収集する2つの方法
①人気記事ランキングを目視巡回
②Blogtrottr

ネタを収集グする2つの方法を解説

①人気記事ランキングを目視巡回
ブックマークしたライバルブログの人気記事ランキングを観察してください。毎日、40サイトを目視巡回すれば2.5日に1回のペースですべてのサイトを巡回することができます。人気記事ランキングは「人気記事ランキング」という表記の他に「今読まれている記事」「人気記事一覧」。表記がない場合もあります。

人気記事ランキングは「人気記事ランキング」という表記の他に「今読まれている記事」「人気記事一覧」。表記がない場合もあります。

②Blogtrottr
BlogtrottrというサイトにあなたのメールアドレスとライバルブログのURLを登録しておくと、ライバルが記事を更新する度にその情報があなたに送られてきます。
https://blogtrottr.com/

Blogtrottrの登録方法はいたって簡単です。以下の画像で示している手順にしたがいライバルブログをすべて登録してください。

【3】ライバルブログからネタを選定する条件

2つの方法を使って、ライバルブログのネタを収集する方法をお伝えしましたが、このステップでは収集したネタの中から、ある条件に合致するものを選定します。

選定するネタの条件は1つだけしかありません。その条件とは下記する1つです。下記の条件を満たすネタだけを選定して記事を書くことになります。

ネタを選定する条件
情報の消費期限が一ヶ月以上あること

ネタを選定する条件とは

情報の消費期限が1ヶ月以上あること
情報の消費期限とは、アクセスが集まり続けることが考えられる期間のことです。例えばバレンタインデーなどの季節イベントは当日まで一ヶ月近くアクセスが集まり続けます。しかし、2月14日のバレンタインデーのネタを2月1日に投稿しても手遅れです。アクセスが集まるのが終了する1ヶ月前までに投稿できることもネタ選定の条件です。

【第二部】ライバルの追随を許さない記事の差別化3つのポイント

トレンドアフィリエイトのネタ選定は以上で終わりです。しかし、この記事で紹介するネタ選定法の中で最も重要な作業がこのパートでお伝えする内容、記事の差別化です。このパートでは記事の差別化のポイントをお伝えします。

ネタは簡単にパクられてしまいます。しかし、記事の差別化要素は簡単にパクることはできません。差別化スキルは誰にも真似されません。ネタで勝負しても、あなたは消耗するだけです。差別化された記事で勝負してこそあなたのブログは強くなるのです。

なお、記事の差別化を真剣に行おうとしたら、1本の記事だけではとても伝え切れないほどの情報量になってしまいます。そこでこの記事では初心者の方でも比較的取り組みやすい3つのポイントに絞って、記事を差別化する方法をお伝えします。

記事の差別化を行う3つのポイントは以下の通りです。

【1】増やすべきは記事の文字量ではなく情報量
【2】結論から斬り込んでゆく導入文(イントロ)
【3】記事の情報が一瞬で伝わるタイトルづくり

ご覧のとおり、記事の差別化は手間がかかります。(これでも10〜20%程度に簡略化しています)しかし、差別化された上質な記事でなければライバルに勝ち続けることはできません。そして記事の差別化に時間をかけるためにもネタ探しを一から行う手間を省く必要があるのです。

【1】増やすべきは文字量ではなく情報量

上質な記事とは文字量が多い記事ではありません。情報が多い記事のことです。例えば以下の2つの記事があったとして、あなたならどちらを選びますか?

箇所の花見スポットを5,000文字で紹介する記事
10箇所の花見スポットを3,000文字で紹介する記事

紹介されている花見スポットの数が多く、限られた字数で簡潔にまとめられている記事を選ぶはずです。増やすべきは文字量ではなく情報量とはそういうことです。

情報量を増やすための簡単なテクニック

また、上に挙げた例で、仮に「花見スポットの数を増やせない」場合、以下のような方法で情報量を増やすことが可能です。

ライバルの記事:情報量
スポットA スポットB スポットC
アクセス
混雑状況
閉園時間
差別化された記事:情報量15
スポットA スポットB スポットC
アクセス
混雑状況
閉園時間
近隣情報 10 11 12
開花予想 13 14 15

【2】結論から斬り込んでゆく導入文(イントロ)

文章の良し悪しは文章構成によって決まります。文章構成とはひらたく言えば、情報を伝える順番のことです。しかし優れた文章構成をつくるのは容易ではありません。

しかし、初心者の方でも簡単に優れた文章構成をつくることができるシンプルなテクニックがあります。

それは文章の冒頭、記事タイトルの直下。導入文とかイントロだとか言われるところで、真っ先に結論を述べてしまう。それだけです。

検索ユーザーは短気です。一分一秒でも早く答えを知りたがっています。そんな人には余計な前置きは一文字も書かず、結論だけを述べてください。

導入文(イントロ)の良い例&悪い例

以下に「花見 東京 穴場」という検索キーワードで記事を書いた場合の、よくありがちな悪い導入文の例と、良い導入文の例を記しますので参考にしてください。

「花見 東京 穴場」悪い導入文の例
春と言えば真っ先に思い浮かぶのはお花見ですよね。私は春が来てお花見をする度に日本人に生まれてよかったと思います。ほとんどの日本人が私と同じような気持ちで春を迎えるのではないでしょうか。ところで、人が多い東京ではお花見をゆっくりと楽しめるスポット探しも大変です。どこに言っても人が大勢いて、桜の花ではなく人の後頭部を眺めているような状態になりかねません。そこで、あなたに少しでもお役に立てればと思い、東京都内のお花見スポットの穴場を調べてみました。そしてやっと見つけたお花見スポット。穴場と言ってもいいスポットを5箇所まとめました。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。
「花見 東京 穴場」良い導入文の例
東京のお花見スポットで混雑しない穴場をお探しでしょうか?この記事では、あまり知られていない東京のお花見スポットを5箇所紹介しています。

【3】記事の情報が一瞬で伝わるタイトルづくり

「花見 東京 穴場」という検索キーワードで記事を書く場合、トレンドアフィリエイト実践者たち、あるあるの記事タイトルといえば、

トレンドアフィリエイト実践者あるあるの残念な記事タイトル例
「東京のオススメの花見スポットは?穴場は?夜桜は?開花予想は?」

キーワードをなんでもかんでも詰め込んで「?」連発で体裁を整えるという安易なタイトルテクニックで作られた、なんとも頼りなげなタイトルです。

検索キーワードとは別の言葉に置き換えると質問です。「花見 東京 穴場」という検索キーワードは「東京の花見の穴場を教えてください」という質問です。

そして、質問に対する答えの第一声。それが記事タイトルです。質問に対して「花見スポットは?穴場は?夜桜は?開花予想は?」と疑問形で返すなんて日常の会話の中ではあり得ません。

記事の情報が一瞬で伝わるタイトルとは

質問に対しては、断定型で答えて相手を安心させてあげましょう。この記事には必要な情報が間違いなく掲載されていると伝わる表現を心がけてください。

例えば以下の通りです。

記事の情報が一瞬で伝わるタイトル例
「東京のお花見スポット!人に知られたくない穴場オススメ7選」

なお、記事の情報が一瞬で伝わるタイトルづくりの具体的な手順について解説した記事を用意していますので、こちらも合わせてご覧になってください。

5億式ネタ選定法の誕生秘話

1〜3ヶ月間安定してアクセスが爆発し続けるネタを発見

この記事でご紹介したネタ選定手法を私が使いはじめたきっかけ。それは、最初の3ヶ月があまりにもひどい結果だったので、アクセスが集まっていそうなライバルは何をしているのかを調べたことにあります。

あなたもご存じのとおり、トレンドキーワードは情報の消費期限が1〜2日です。なので、ライバルのネタをパクったところで記事を投稿するには手遅れです。

しかし、ライバルのネタを大量に収集する過程で私は大きな発見をしました。トレンドキーワードでありながら情報の消費期限が一ヶ月以上もあるものが存在することを。

私は迷わずそれら情報の消費期限が長いものを記事にしてみました。

すると安定してアクセスが集まり続けました。しかも、それらはトレンドキーワードなので爆発力もすさまじいものがありました。

最大で毎日3万PVが3ヶ月以上、1日も欠かさず集まり続けたこともありました。そのネタもこの記事でお伝えした手法で発見したものです。

4年半、アドセンスだけで月収100万円以上を安定継続

パクったネタで記事を書く際に、ヒントを得たのが我が国の自動車産業の歴史です。

周知のとおり、我が国の自動車産業は、アメリカの自動車産業というネタをパクりました。そして、そのネタの改善を繰り返すことでアメリカを超える自動車産業を築き上げることができました。

私は考えました。ライバルブログのネタをパクるだけでは猿真似に過ぎない。これでライバルに勝てるわけがない。なので、ライバルのネタをパクりつつも、記事の質では圧倒的なものにしようと。

この私の狙いは当たりました。

そして私は学びました。ネタ選定に時間をかける価値はない。時間をかけるべきは記事の質に磨きをかける努力、その一点だと。ここから私の快進撃はスタート。

3ヶ月目まで、毎月100記事も書きながらアドセンス報酬を100円しか稼げなかった私は、この記事で紹介した手法でネタ選定の時間を短縮し、記事の質を上げることに時間を費やしたその結果。7ヶ月目でアドセンス報酬は100万円を突破。

しかも、月間100万円のアドセンス報酬は、そのブログを売却するまでの4年半。安定して継続しました。アドセンス報酬だけで月に400万円近く稼いだ月もあります。

このページで紹介したネタ選定法はそれほどの破壊力を持つものなのです。

トレンドアフィリエイトを超えるブログマネタイズ

ところで、私がアドセンスだけで安定して月収100万円を稼ぎ続けたブログは、トレンドブログではありません。

この記事でお伝えしたネタ選定法によって、私はトレンド以外のジャンルで、安定して稼げるネタを数多く発見しました。

そして、資産型のブログの運営スタイルを確立しました。

資産型のブログは、そもそもネタ選定の必要がありません。10年分でも20年分でも30年分でも、ネタを簡単に準備することができます。

書き切れないほどのネタがあれば、ネタ選定のムダな時間は不要です。

記事の質の向上、その一点に集中することで、資産ブログは右肩上がりで安定成長するブログに育てあげることができるのです。

この記事で紹介したネタ選定法をきっかけにして、あなたも資産ブログに移行し、安定した収入を得る日が来ることを願ってやみません。